ト長調、ヘ長調
時間が切迫している中、あわただしく吉川温泉に入ってさいたまアリーナに向かいました。今日はExileのコンサートがあるとかで、たくさんの人がアリーナに集まっています。

さて、前からいる方と新しい方の腹式授業にならざるを得ません。前からの方にはDS 7にいくつかの練習曲を追加するアップデート作業を行いました。そして前から取り組んでいる「花のメルヘン」の合奏に取り組んでもらいました。1st。2nd、chordの各パートに実力に応じてm楽しそうに取り組んでくれます。

一方、新しい方達には初級Iのテキストを少し先に進めなければなりません。まずト長調の音階を示し、固定ド奏法でファの音に対してスライドを押すという概念を説明しました。小学校で習ったのが移動ド奏法の人が多いですが、あれは歌を歌うためのやり方です。固定ドの方が読みやすいですねと納得してくれればしめたもの。最初の練習曲はト長調で「もみじ」です。知っている歌なので、皆さん何とか吹こうと努力してくれました。次いでト長調「アニーローリー」。

ここで前からの人達と新しい人達の自己紹介をし合い、クラスの融合を図りました。

残り時間が少なくなってきました。ヘ長調の説明に入りました。bの場合、便利なレバーはありませんのでどう取り組むべきかを説明して、音階練習をしました。しかる後、最初の曲ヘ長調の「赤い河の谷間」の練習をしました。苦労しながら何とか音を出してくれています。しかし、時間になってしまいました。

幸い、7月期にも全員継続してくれることになりました。一安心。
[PR]
by chromclass | 2014-06-19 23:16 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
<< 雪山に消えたあいつ 克美しげる ふるさと、スイングとシンコペーション >>