Techno Party、初級 I
中級

「Cowboy Hit」をしばらく練習して、「Techno Party」の練習に入りました。お手本を聞いていると、譜面にないフレーズが出てきました。よく譜面を見ると、その部分はアドリブで吹けと指示がありました。このテキストで初めて出てきました。よく見ると、その部分はC調のブルース進行になっていて、生徒さんには酷ですが自分なりには何とか吹けます。セッションに通った甲斐があったと感じました。さて、これを生徒さんにどう指導するかが次回の課題になりそうです。

初級

新しい生徒さんが入られ、今日受付からハーモニカを受け取ったとのこと。こちらも用意したタブレットを渡し、簡単な使い方を教えた後は、初級Iのテキストに従って練習開始です。複音をやっていらっしゃった関係で、どうしても音が変わるとハーモニカを動かしてしまうので、音階練習で動きを止める練習をするように薦めました。楽譜は読めるのでいくつかの練習曲をこなしてもらいました。短調の曲は飛ばして、ト長調の音階の練習を始めたところで時間です。

一方、前からいる人たちには「学生時代」の、主に2ndパートを練習してもらい、なんとか二重奏ができる状態に持っていきました。前奏と本奏で速度変化があるので、それを掛け声をかけてみんなで一緒に入れるようにすべく、交代で声をかける練習をしているうちに時間となりました。次回も引き続き二重奏の練習をしましょう。
[PR]
by chromclass | 2014-08-06 00:02 | お茶の水教室 | Comments(0)
<< ソリストへの第一歩 ビブラート、学生時代 >>