時には母のない子のように
今日はほぼ「時には母のない子のように」の練習に費やしました。音源を聞いてハーモニカの音色を向上させるのが狙いでしたが、1stと2ndの掛け合いのタイミング、使う音域の広さと音飛びの激しさなど中々難しく、足踏みの重要さ、休符の読み方などを再認識しました。

時間切れ間際に「真夜中のカウボーイ」の楽譜を配りました。これも中々骨のある曲です。
[PR]
by chromclass | 2014-09-24 23:21 | 柏教室 | Comments(0)
<< George Gershwin... 第13回CHAハーモニカ・コンサート >>