ハーモニカウォーマー紹介
先日の徳永教室発表会in名古屋に参加した折、多くの方が新商品のハーモニカウォーマーを装着して演奏している姿を拝見しました。またホールの受付に現物が展示してありました。そして開発者の藤原義弘さんも奏者の一員として演奏されていました。

最近よくビラを入手したり、ネットで話題になっているので興味を持っており、現物を眺めていたところ、藤原さん本人が説明してくださり、なんと試供品を提供すると申し出てくださったのです。前からビラの内容をブログで紹介したいなと思っていて、著作権違反になるかなと危惧していたと話したところ、かえってどんどん宣伝してくださいと快諾を得ました。さっそく掲載します。

カタログ
a0009196_0468.jpg

a0009196_043872.jpg

説明書
a0009196_063782.jpg

a0009196_07655.jpg

注文案内書
a0009196_08280.jpg


早速試供品を使わせて頂いたところ、説明通りハーモニカが温まり、見事に結露を防止してくれました。
a0009196_0191393.jpg
外観です。底のヒーターの熱が側板の銅版に伝えられ、銅版がリードプレートに密着してリードプレートを温める仕掛けです。


a0009196_0222373.jpg
この方向でハーモニカに取り付けます。
因みにハーモニカはSeydel社製 Saxony Orchestra。


a0009196_026439.jpg
リードプレートに挟み込んで、ツマミでしっかり締め付けます。これはType Aですが、リードプレートに厚みがあるSuper 64Xの場合には少し幅が広いType Bが用意されています。Fabulous用には、別途スペーサーが用意されているとのこと。ツマミでしっかり締め付けておけば、装着したまま演奏することもできます。ただし、Seydel社製、Hering社製、Swan社製のクロマチック・ハーモニカはカバーのサポーターの形状が違うので、装着したままの演奏は落下の危険があるので、温めてから外して演奏した方がよさそうです。


a0009196_0382687.jpg
電源はACアダプター経由です。


a0009196_040215.jpg
ステージ上など電源がないところでは、付属の電池ボックスを利用することができます。1時間半ほどの持続時間だそうです。


当教室では、教室に辿り着く前に内ポケットなどに入れて人肌に温めることを薦めていますが、女性の場合は内ポケットがない服装が多いので、これから寒い季節に向かい、このウォーマーが重宝することと思います。

注文案内書にありますように、まとまった数の製品を外注する必要がありますとのことで、11月末までに注文すれば、1月末か2月初めには手に入るとのことです。

クロマチック・ハーモニカ愛好者の皆さん、ぜひご検討ください。

注文・お問い合わせ先:

藤原 義弘 さん
〒560-0056 豊中市宮山町2-12-18
Tel&Fax: 05-6852-0439
E-mail:  harmonicawarmer@gmail.com
[PR]
by chromclass | 2014-11-15 00:51 | 雑感 | Comments(0)
<< Les Parapluies ... 告別式 >>