人気ブログランキング |
ぐみの木、花のメルヘン
初めてのハーモニカ

「ぐみの木」を単独で練習するとどこかでリズムがくるってしまう現象がでいます。二重奏にパートを分担すると段々調子がでてきました。かなり熱心な練習の取り組みようなので聞いてみると、練習するにも曲との相性があるという話が出ました。「ぐみの木」はロシア民謡なので、日本人との感性が合うのでしょう。

次の曲として、「おお牧場はみどり」の二重奏を渡しました。この曲も相性が合えばいいのですが。

クロマチック・ハーモニカ

初心者の方には初級Iを少しずつ先に進めてもらいました。ようやくG調の音階の所まで来ました。

他の方には、「花のメルヘン」の二重奏に取り組んでもらっています。2ndパートでは全音符の流しの音がたくさん出てきます。オーケストラのチェロ・パートをイメージしながらビブラートをかける練習をしました。また、1stパートはもう少しクリアな音で音量を増やすよう促しました。

最後に初心者の方との合奏を試み、「12の誕生日」と「小さな日記」をみんなで吹きました。

by chromclass | 2018-07-16 23:45 | 草加教室 | Comments(0)
<< 、若者たち Super 64X >>