人気ブログランキング |
時には母のない子のように
「時には母のない子のように」を練習するに当り、オブリガートを担当する1stはソロで、メロディを担当する2ndは複数人で演奏する方法で合奏しました。1stの担当は適宜交替していき、それぞれがソロの経験を積みました。ソロの時は喉ビブラートを使ってもらいました。お手本の森本大先生の音色を聞かせて、なるべく似た音質を出すよう練習しました。実際、よく似たソロが聞こえてきて、聞いていてもとても楽しめました、

残り15分で、秋が来ないように久々「池上線」のイントロを練習しました。こちらもお手本は森本大先生の音源です。

これらの練習で音質がアップしてきて、おそらくハーモニカを吹くのが楽しくなったのではないでしょうか。
さて今回は体験レッスンの方が一人。音出しから始めましたが、次第に単音が出せるようになっていくのが実感されました。幸い、10月から入会してくれることになりました。

by chromclass | 2018-09-26 22:57 | 柏教室 | Comments(0)
<< ドナドナ、この広い野原いっぱい 灯台守、四季の歌 >>