カテゴリ:柏教室( 253 )
横隔膜ビブラート
横隔膜ビブラートと足踏みの関係を全員で研究しました。最初は全音符の音階で。次いで「旅人・スナフキン」に応用してみました。さらに「かあさんの歌」をゆっくり吹きながら応用。最後は「霧の摩周湖」への応用。残りの時間で、一人ひとりビブラートを効かせた短いフレーズを披露してもらいました。

質問が来ました。横隔膜ビブラートと手を前後に動かすハンド・ビブラートは同使い分けるのかと。うーん。両者の音質が似ているのでどちらも使えるのですが、合奏の中で速めの曲を吹く時にはハンド・ビブラートでないとうまく使えない。ソロでバラードを吹く時には、横隔膜ビブラートを使って歌い込む感じでしょうか。

ビブラートには色んな種類があり、それらを複合させることもあることを説明に咥えました。

[PR]
by chromclass | 2018-05-24 00:02 | 柏教室 | Comments(0)
Nearer my God to thee
「Nearer my God to thee」を題材に、ビブラートの練習をしました。ビブラートの速さということをじっくりと考え、ビブラートかかった音を自分の耳で確認しながら横隔膜、または手を動かす。曲の中では難しいのであれば。全音符の音階練習の中で再確認。

途中から相手を見つけて二重奏の練習に入りましたが、二人の息を合わせるどころではありません。難しさが分かってきたためか、嫌がらずに取り組んでくれます。

初心者の方達は初級Iのテキストに沿って、少しずつ曲に取り組んでいます。タブレットが全員にいきわたり、自習体制もできました。楽譜が読めないところからスタートしているので、地道に取り組んでいるのが良い結果をもたらすでしょう。

[PR]
by chromclass | 2018-05-09 23:21 | 柏教室 | Comments(0)
Greensleeves
新しい方二人、一人はG調の音階から練習曲へ。もう一人はまだ音出しの段階。色々改良策で音が出始め、C調の音階練習に取り組める段階になりました。なりました。

一方、前からの方達は「Greenslrrves」の音色改良に取り組みました。クロード・ガーデンさんは実に色々な音色を駆使しているので、とても研究のし甲斐があります。口の中の形、ビブラートの種類、速さ、フェイクのかけ具合、装飾音の速さなど、色々やってみて効果を確かめながら練習を進めています。

さて、次に練習する曲として「雪山に消えたあいつ」二重奏の楽譜を配りました。スイングしないハネの演奏にも慣れる必要があります。

[PR]
by chromclass | 2018-04-26 00:10 | 柏教室 | Comments(0)
Greensleeves
新しい方が2人入会されました。初級 Iの音出しから始めました。1人は問題なく、先に進み始めました。もう一人は単音を出すのに苦労しています。

その間、以前からの人は「Greensleeves」に取り組みました。様々な装飾音符も課題ですが、ビブラートや音色変化も見習うべき課題です。クロード・ガーデンの演奏を聞いて、よく研究することにしました。

最後にみんなで自己紹介をし合いました。

[PR]
by chromclass | 2018-04-11 23:03 | 柏教室 | Comments(0)
Nearer, My God, to Thee
「Nearer, My God to Thee」の練習中。ハンド・ビブラートの効果を確認しながら二重奏の各パートを各自が練習。頃合いを見て、全員で1st、2ndに分かれて合奏、パートを交替して合奏。いよいよ、一人ずつでパートを担当しての二重奏。メンバーすべてで交代しながら全員の組み合わせが終わった頃に時間が迫ってきました。タブレットに入っている有名プレーヤーの音を聞き、喉のビブラートとハンドビブラートを同期させる方法を講釈。いくらでも研究課題があることを説明、追及してほしい旨、伝えました。

今回見学の人が一人。未経験者ですが食いつきがよく、4月から入ってくれそうな雰囲気でした。年度替わりでまた何人か入ってくれるとうれしいですね。

[PR]
by chromclass | 2018-03-14 23:32 | 柏教室 | Comments(0)
Nearer my God to thee
正月のBSの英語「タイタニック」、観たのは何回目かだったのですが、今回は船が沈むときに2人の楽団員がバイオリンを演奏するシーンと曲が心に染み込み、YouTubeで調べてみると曲名は「Nearer my God to thee」、最初は意味も分からなかったのですが邦題は「主よみもとに近づかん」、讃美歌320番だということでした。

早速二重奏の譜面に起こし、練習曲として使っています。

当教室で譜面を配布し、練習を始めました。簡単な曲なので初心者の方もみんなに交じって練習しました。

YouTubeの動画に合わせて1stや2ndをそれぞれ何回も練習した後、いよいよ全員で合奏です。パートを交換したり、いろんな人とペアを作って二重奏を演奏したりしました。

バイオリンに似た音色にするためにハンド・ビブラートの使い方も学んでもらいました。

次に前回から取り組んでいる「なごり雪」をカラオケ伴奏で数回演奏し、「そんな夕子にほれました」のカラオケ用楽譜を配って数回カラオケ伴奏で練習して本日の練習を終えました。

[PR]
by chromclass | 2018-02-28 23:53 | 柏教室 | Comments(0)
なごり雪
「なごり雪」を練習。リズムを取るのが難しいところがたくさんあり、観察していると楽譜を適当に解釈して吹いている感じ。足打ちとアイウエオ・リズム攻略法を使って正確にリズムを捉えるよう修正していくと、少しずつ改良されていきました。

最近入会の二人は、初級Iを終え、初級IIに進み、まずC調の速吹きパターンの練習に入りました。まだ単音がきれいに出せていないので、速吹きパターンをゆっくりと、穴移動を正確にするところから取り組んでいます。かなり疲れるので、みんなの「なごり雪」を聞いたりしながら休みを取っています。

最後に「なごり雪」のカラオケ伴奏を大きく鳴らし、取り組んでいる人たちがそれに合わせて音を出しました。

[PR]
by chromclass | 2018-02-15 00:11 | 柏教室 | Comments(0)
くちなしの花
「くちなしの花」を引き続き装飾音やビブラート、フェイクを聞かせる練習として取り組んでいます。

初心者の方は、初級Iに取り組む人と初級IIに取り組む人に分かれています。初級Iでは
C調の調音階練習の後、練習曲をこなしてG調の音階練習と曲の練習。初級IIでは速吹きパターンをF調まで頑張り、二重奏に取り組みました。中級者が手助けをして、二重奏が響きました。

中級者の人達はそれぞれ次の練習曲に取り組み始めました。「なごり雪」が季節的にも丁度いい感じです。


[PR]
by chromclass | 2018-01-24 23:05 | 柏教室 | Comments(0)
くちなしの花
a0009196_01024320.jpg

生徒さんが自作したハーモニカ・ウォーマーを披露してくれました。人肌に温めてくれます。こう謬した生徒さんは、靴下の中にハーモニカと一緒に入れておくという方法で温めていました。充電式になっています。

材料費は3,500円程度だそうです。早速他の生徒さんが注文していました。

今日から新しい方が一人参加してくれました。早速初級Iのテキストを渡し、音階練習と課題曲に挑戦してもらいました。音出しは問題ありませんので、どんどん初級Iを進んでもらうことにしました。

他の人には「くちなしの花」のカラオケ用楽譜を渡し、最初はメロディを吹いてもらいました。次いで、同曲の表情付けを書き込んである装飾練習の楽譜を私、グリッサンド、横滑り装飾音、後フェイク、中フェイク、ビブラートなどに取り組んでもらいました。カラオケ伴奏を流し、リズムに乗せて装飾を行う練習もしました。

11月に入会した人が初級IIに進んでいるので、以前の人と組んで二重奏に挑戦してもらいました。まだ足のカウント、読譜力の点でうまくいかないところが見つかり、それらを修正しているうちに時間となりました。

[PR]
by chromclass | 2018-01-10 23:52 | 柏教室 | Comments(0)
シクラメンのかほり
みんなが自然に「シクラメンのかほり」の練習を始めたので、そのまま自主練習にまかせ、その間に初心者の練習に付き合いました。初級Iのテキストの終わりまで到達(決してクリアではない)したので。初級IIのテキストを渡し、そこで初めて出てくる速吹き練習を始めてもらいました。ずっと熱心に取り組んでいましたがm終わりのころになって、すごくよかったとの感想。今まで吹くのが苦しかったのが。楽に吹き吸いできるようになったとのこと。たぶん、今まで胸式呼吸だったのが、複式呼吸に切り替わったのだと思います。

「シクラメンのかほり」の方は楽譜を配っていないので、タブレットに入っている楽譜を見ながらの練習となっています。見にくいのもあって、譜割りがいい加減になっているのが多々見受けられました。また16音符で同じ音が4つといったフレーズが多いので、そんな場合にどうタンギングすべきかを教えました。

そうこうしているうちに時間が来てしまい、「良いお歳を」のあいさつで2017年のレッスンを終えました。

[PR]
by chromclass | 2017-12-28 12:24 | 柏教室 | Comments(0)