カテゴリ:草加教室( 219 )
灯台守、おぼろ月夜
初めてのハーモニカ

「灯台守」二重奏を練習しました。生徒同士では中々二重奏にならないので、私が吹いて、それに合わせて二重奏するスタイルでこなしていきました。

クロマチック・ハーモニカ

新しい人向けにC調、G調、F調の音階練習のやり方を説明して、繰り返して練習してもらいました。

みんなが参加できる二重奏として「おぼろ月夜」を練習しました。時間的に余裕があったので、それぞれの練習曲を披露しあいました。

帰りは吉川温泉に寄りました。

[PR]
by chromclass | 2018-09-04 23:29 | 草加教室 | Comments(0)
クロマチック、花かげ
初めてのハーモニカ

今日は一人だけだったので、ボタン式クロマチックの音出しに専念してもらいました。最初はコツが掴めず単音がきれいに出せませんでしたが、何とか「ふぉるさと」が吹けるようになりました。

クロマチック・ハーモニカ

「花かげ」のからオケ譜でソロ回しをしました。ゆっくりな曲なのでビブラートの練習に良いので、色んなビブラートを使ってみました。横隔膜ビブラート、ハンド・ビブラート、ハンド…カバーそして新顔として喉ビブラートの使い方を教え、それぞれの練習をしてもらいました。

帰りは吉川温泉に寄ってきました。

[PR]
by chromclass | 2018-08-20 23:06 | 草加教室 | Comments(0)
ふるさと、霧の摩周湖



a0009196_23263403.jpg暑い日が続きます。と言っても台風13号接近で雲が多くなっています。獨協大学前付近の後援では、噴水で遊ぶ親子の姿が。








始めてのハーモニカ

「朧月夜」二重奏を渡しと二重奏しました。C調なので1stと2ndを甲賀に交代しては森を楽しみました。

次に「ふるさと」G調二重奏に挑戦。C調しか演奏したことがないと、1stのメロディでも混乱している様子。大分慣れてきたところで2ndにも挑戦。混乱しながらもなんとかハモることができました・

クロマチック・ハーモニカ

熱いためか欠席が多く、1人だけのレッスンになりました。これ迄練習してきた曲の中から「霧の摩周湖」Gm調のカラオケ版を練習しました。段々調子が出てきました。

次の曲は「小指の想い出」Am調のカラオケ版に移りました。8分休符から始まる調節が多くて、戸惑いが見られましたが、足の踏み方を工夫して段々カラオケからずれなくなりました。

帰りは吉川温泉に寄りました。前回貰った無料入湯県を活用することができました。台風由来の雲が増えて、涼しくなってきました。

[PR]
by chromclass | 2018-08-06 23:55 | 草加教室 | Comments(0)
ぐみの木、花のメルヘン
初めてのハーモニカ

「ぐみの木」を単独で練習するとどこかでリズムがくるってしまう現象がでいます。二重奏にパートを分担すると段々調子がでてきました。かなり熱心な練習の取り組みようなので聞いてみると、練習するにも曲との相性があるという話が出ました。「ぐみの木」はロシア民謡なので、日本人との感性が合うのでしょう。

次の曲として、「おお牧場はみどり」の二重奏を渡しました。この曲も相性が合えばいいのですが。

クロマチック・ハーモニカ

初心者の方には初級Iを少しずつ先に進めてもらいました。ようやくG調の音階の所まで来ました。

他の方には、「花のメルヘン」の二重奏に取り組んでもらっています。2ndパートでは全音符の流しの音がたくさん出てきます。オーケストラのチェロ・パートをイメージしながらビブラートをかける練習をしました。また、1stパートはもう少しクリアな音で音量を増やすよう促しました。

最後に初心者の方との合奏を試み、「12の誕生日」と「小さな日記」をみんなで吹きました。

[PR]
by chromclass | 2018-07-16 23:45 | 草加教室 | Comments(0)
ぐみの木、花のメルヘン
初めてのハーモニカ

先日フレンドタウン・ハーモニカ・コンサートでハミングキャッツが演奏した「ぐみの木」を練習したいと言うので、二重奏譜を配布。本来合奏譜なので、メロディだけでなく、休符が連続したり難しいオブリガートが出てきたりします。慣れていないので大変だったようです。苦労して1stパートの練習だけが終わりました。

クロマチック・ハーモニカ

前回体験レッスンした方が入会してきました。初級Iの音階練習と「ふるさと」が課題となりますが、大苦戦。前に複音ハーモニカを独学で吹いていたというので、腹式呼吸と低音の音出しはできていますが、単音を出すのに苦労しています。

その間、他のみんなで「花のメルヘン」の二重奏練習。1stと2ndに分かれて担当を替えながら何度も練習を重ねるうちに時間となりました。

帰りは吉川温泉で汗を流しました。

[PR]
by chromclass | 2018-07-03 02:52 | 草加教室 | Comments(0)
四季の歌、花のメルヘン
初めてのハーモニカ

「夏は来ぬ」の二重奏を思い出しながら演奏しました。自主的に二重奏を吹くようになったのは大きな進歩だと思います。これまでは誰かが1stを吹くと1st、2ndを吹くと2ndと言った具合に同じことをする傾向にあったのですが、1stが聞こえたら2nd、2ndが聞こえたら1stを吹くというように二重奏を楽しめるようになったのです。

次の曲として、簡単な「四季の歌」二重奏の譜面を配ると、早速1stを練習した後、2ndの練習に入っています。時間の終わり近くには、二重奏の練習になっていました。

クロマチック・ハーモニカ

「Greensleeves」の伴奏に載って、一人ずつソロを副練習を二回り実施。お手本のクロード・ガーデンさんの音源を鑑賞し、多彩な音色変化をどう出しているのか、研究しました。最後に伴奏に合わせてみんなで斉奏しました。聴けば聴くほど、色んな音色変化をつけて売ます。聴き応えがあります。

次に「花のメルヘン」の合奏譜の練習に入りました。1stを全員で吹いた後、2ndを全員で吹きました。次に一人が1stを担当し、他の人が2ndを担当するという方法で合奏をしました。1stの担当者を交替しながら、全員が経験すること2回、時間になりました。

帰りに吉川温泉に寄りました。



[PR]
by chromclass | 2018-06-18 23:15 | 草加教室 | Comments(0)
夏は来ぬ、母さんの歌
初めてのハーモニカ

「北帰行」の復習で、ハンド・カバー奏法を使ったビブラートの効き具合を確かめながらしばし自己練習。

次いで「夏は来ぬ」の合奏譜を配り、練習。1stのメロディは、曲を知っていることもありすぐ吹けるようになりました。そこで、2ndパートの練習に入り、吹けるようになったところで1stと2ndに分かれて二重奏の練習をしました、これまで中々二重奏が上手くいかなかったのですが、今回は上手くできました。

クロマチック・ハーモニカ

忘れないために全音符で横隔膜ビブラートの基礎練習をした後、応用として「母さんの歌」でビブラートを効かせる練習をしました。

途中で体験レッスンの方が見えられ、ハーモニカを持っていないので初級I のテキストで説明をしました。同期を尋ねたところ、ネットで南さんの演奏を聞いたからということでした。複音の経験があるとのことで、クロマチックの特徴、注意点を話しました。幸い、7月から入会してくれることになりました。

仕事の関係で退会された方が挨拶を兼ねて2か月振りに顔をみせ、現在の仕事やボランティア活動について話してくれました。

帰りに吉川温泉に寄ってきました。

[PR]
by chromclass | 2018-06-04 23:18 | 草加教室 | Comments(0)
北帰行、Greensleeves
初めてのハーモニカ

ハンド・カバー奏法を使って曲を演奏することができました。引き続き、横隔膜ビブラートに挑戦しましたが、まずは全音階の中でビブラートをかける基礎練習。今回の曲では、1拍につき3連符のビブラートをかけることにしたのですが、中々うまくいきません。基礎練習に戻ったり、声に出したり色々試し、何とか曲になり始めましたが、ちゃんと定着するかどうかは疑わしいところです。

クロマチック・ハーモニカ

「Greensleeves」の装飾音や途中の音色変化を色々研究しました。お手本を聴くと、フェイクしたり、ハンド・カバー奏法を使ったり、横隔膜ビブラートを使ったり、実に多彩です。それぞれの奏法をしっかり研究して、自分のものにしていくことで技量アップに繋がると思いますが、聞けば聞くほど味のある演奏ですねえ。

[PR]
by chromclass | 2018-05-21 23:55 | 草加教室 | Comments(0)
今日の日はさようなら、今日の日はさようなら
初めてのハーモニカ

きれいな音で演奏したいという要望があり、「今日の日はさようなら」を題材にハンドカバー奏法の練習をしました。足でカウントしながら、手を4回ずつ動かすと16分音符の速さでビブラートがかかるわけなのですが、この連動が中々上手く行かなくて苦労しています。耳を活用しないと、手だけが動いていいビブラートにならないので、「耳、耳」と強調して練習しました。

1曲集中してモノにすれば、他の曲にも応用できると思いますので、次回も継続していきたいです。

クロマチック・ハーモニカ

今日はお休みの人が多いので、一人だけになりました。「今日の日はさようなら」を仕上げてみようと思いましたが、付点4分音符の数え方が苦手の人で、その克服法に終始しました。階名読みしながら「あいうえおリズム攻略法」でハーモニカを吹かないまま唱える事を繰り返すのですが、中々これでいいという段階に達しません。根が深いです。

本人もこれができれば初見で吹けるようになるのだがと嘆いておろます。

帰りは吉川温泉に入りました。その間、結構な雨が降ったようです。

[PR]
by chromclass | 2018-05-07 23:47 | 草加教室 | Comments(0)
わかれ、Greensleeves
初めてのハーモニカ

ドイツ民謡「わかれ」二重奏の練習を開始。1stパートは何とかこなしたところで、メロディだから吹けるのではという疑いが浮かび、2ndパートに挑戦してもらいました。案の定、読譜の苦労が始まりました。特に最後の部分で最高音域の音が使われるので、吹き方を改良しないと音が上手く出てくれません。コツを説明し、しばらく吹いていると問題なく吹けるようになっていきました。

次回は二重奏ができるようになりたいものです。

クロマチック・ハーモニカ

「Greensleeves」を十分練習した後、クロード・ガーデンの音源を聴かせて、色んな音色を吹き分けていることを認識してもらいました。そしてそれらの音質をどうやって出すか研究に入りました。口の形、フェイク、ビブラートの種類なんかが研究対象です。装飾音については譜面に書かれていますが、その他の効果については指示がありません。音源をよく聞いて真似するしかありません。

同じハーモニカでも吹き方でこうも音色が変わるかということを実感として感じてもらい、今後の音色づくりに活用してもらいたいと思います。



[PR]
by chromclass | 2018-04-17 00:08 | 草加教室 | Comments(0)