カテゴリ:草加教室( 225 )
神の御子は今宵しも、おめでとうクリスマス
初めてのハーモニカ

12月に入ったのでクリスマス・ソングの練習をと「神の御子は今宵しも」二重奏の楽譜を配りました。知っている曲か尋ねるとNoと。練習してみると、知らない曲なので一生懸命五線譜を読もうとする傾向が窺えました。知っている曲だと多かれ少なかれ探り吹きに頼っていて、譜面を読んでいないのではないかという疑念がわくのですが、今回は読譜力アップには良かったのではないかと思います。まして、2ndは読譜に頼らざるを得ないのでその傾向が強かったです。二重奏にまで到達できませんでしたが、次回に楽しみにしておきます。

クロマチック・ハーモニカ

ひとしきりC調、G調、F調の音階練習と速吹き練習をやって、毎日の基礎練習としてほしい旨告げました。

その後こちらもクリスマス・ソングで、「おめでとうクリスマス」を配りました。原題は「We wish you a merry christmas」で、聞いたことはあるようです。1stと2ndをそれぞれ練習し、次いで二重奏にしました。

残りの時間で、取り組んでいる「エーデルワイス」に戻り、喉のビブラートを効かせる練習をしました。

いつもどおり帰りは吉川温泉に。」

[PR]
by chromclass | 2018-12-03 23:46 | 草加教室 | Comments(0)
ペチカ、エーデルワイス
初めてのハーモニカ

「牧場の小道」の練習中に、一人の人のハーモニカの音程が狂っているのが気になり、修理作業をしました。調べていくと随分あちこちの音程が下がっていたので驚きでした。限られた道具で何とか調律して、合奏の音がよくなりました。そして二重奏が上手くいきました。

「ペチカ」二重奏の練習に入り、リズムがくるってしまうところがあったので、時間をかけて正しくなるように練習しました。rit.と a tempoが何度も出てくるので、今回は十分に曲想を表現できませんでしたが、次回を期したいと思います。

クロマチック・ハーモニカ

しばらく休んでいた方が復帰しました。まだ初心者ですので、「エーデルワイス」の1stパートをみんなで一緒に練習しました。ハンドカバー奏法でビブラートをかける練習も追加しました。途中から他の人に2ndパートを担当してもらい、二重奏の練習をしました。また、2ndは喉のビブラートを使って音色をアップしたいので、別途喉をうまく震わせる練習に入りました。新しい試みとして、同じ音を16分音符で切って出す方法をやってみたところ、単純に喉を震わせようとするより効率的な練習方法になることが分かってきました。他の教室でも使えそうな練習方法になりました。

帰りは吉川温泉に寄りましたが、上がってくると雨が降っていました。

[PR]
by chromclass | 2018-11-19 23:37 | 草加教室 | Comments(0)
牧場の小道、エーデルワイス
初めてのハーモニカ

テレビが普及し始めた頃にNHKみんなの歌で翌聞いた「牧場の小道」二重奏を練習開始。後半だけ2ndパートが和音を作りに来る編曲なので、それほど苦労しないで二重奏ができました。「冬の夜」の二重奏もこなし、「ペチカ」二重奏を少し練習し始めたところで時間になりました。

クロマチック・ハーモニカ

「エーデルワイス」を題材に、森本サウンドに挑戦。音源を聴いてモチベーションを上げ、喉を振るわせる訓練をして曲に臨みました。途中から「時には母のない子のように」の練習をしたり、リチャードヘイマン、ラリー・アドラー、エディ・マンソン達の音源を聴いて、ハーモニカから様々な音色を生み出すことが可能なことを説明したりしました。音色に関しては、先人の業績で様々な音を視聴できることが嬉しいですね。

帰りに吉川温泉に入ってきました。

[PR]
by chromclass | 2018-11-06 01:42 | 草加教室 | Comments(0)
見上げてごらん夜の星を、この広い野原いっぱい
初めてのハーモニカ

「見上げてごらん夜の星を」二重奏に挑戦開始。まだ1stのメロディを吹くのに精一杯で、2ndまで気が回りません。何とかイントロからエンディングまで到達できるようになりました。使われる音域がとても広いのも戸惑いの原因になっていますね。

クロマチック・ハーモニカ

次回に休んでいた初心者の方が復帰するので、みんなで簡単な二重奏ができるように「ドナドナ」二重奏を練習しました。

次いで前回も取り組んだ「この広い野原いっぱい」に挑戦。イントロのシンコペーションが攻略できず、攻略法を含めて何度も何度も練習しました。それでも次回まで覚えているかわからないとおっしゃる。

リズム感を習得させるのは難しいなあ。

帰りは吉川温泉。



[PR]
by chromclass | 2018-10-15 23:13 | 草加教室 | Comments(0)
ドナドナ、この広い野原いっぱい
初めてのハーモニカ

「ドナドナ」二重奏は、1stと2ndが8割方同じで、最後にようやく二重奏になります。なので非常に簡単で、二重奏になる部分を繰り返し練習すると、すぐに全体を合奏することができました。Dm調なのに楽々と演奏しています。力が付いてきたなと実感します。

次に「静かな湖畔」二重奏の練習に入りました。輪唱的になるので、そんなに苦労しないで合奏出来ました。

クロマチック・ハーモニカ

しばし「時には母のない子のように」の1stパートを、喉ビブラートを使って森本大先生の音に近づく練習をしました。いい感じです。

次に「ドナドナ」を吹いてみましたが、簡単なのですぐクリア。

最後に「この広い野原いっぱい」に取り組み始めました。何となく吹けていますが、シンコペーションが全然正しくないので、特訓に入りました。苦手な人にとっては相当大変な特訓になってしまいましたが、たまに正しく吹ける状態には辿り着きました。

帰りに吉川温泉に寄りました。


[PR]
by chromclass | 2018-10-01 23:43 | 草加教室 | Comments(0)
灯台守、四季の歌
初めてのハーモニカ

「灯台守」、「花かげ」などの二重奏を楽しみました。2ndパートも積極的に練習するようになってきたのは大きな進歩です。

クロマチック・ハーモニカ

全員で合奏できるように「四季の歌」を練習。初心者の方にも参加してもらいました。

帰りに吉川温泉に寄りました。休日なので、料金100円増し。



[PR]
by chromclass | 2018-09-24 02:48 | 草加教室 | Comments(0)
灯台守、おぼろ月夜
初めてのハーモニカ

「灯台守」二重奏を練習しました。生徒同士では中々二重奏にならないので、私が吹いて、それに合わせて二重奏するスタイルでこなしていきました。

クロマチック・ハーモニカ

新しい人向けにC調、G調、F調の音階練習のやり方を説明して、繰り返して練習してもらいました。

みんなが参加できる二重奏として「おぼろ月夜」を練習しました。時間的に余裕があったので、それぞれの練習曲を披露しあいました。

帰りは吉川温泉に寄りました。

[PR]
by chromclass | 2018-09-04 23:29 | 草加教室 | Comments(0)
クロマチック、花かげ
初めてのハーモニカ

今日は一人だけだったので、ボタン式クロマチックの音出しに専念してもらいました。最初はコツが掴めず単音がきれいに出せませんでしたが、何とか「ふぉるさと」が吹けるようになりました。

クロマチック・ハーモニカ

「花かげ」のからオケ譜でソロ回しをしました。ゆっくりな曲なのでビブラートの練習に良いので、色んなビブラートを使ってみました。横隔膜ビブラート、ハンド・ビブラート、ハンド…カバーそして新顔として喉ビブラートの使い方を教え、それぞれの練習をしてもらいました。

帰りは吉川温泉に寄ってきました。

[PR]
by chromclass | 2018-08-20 23:06 | 草加教室 | Comments(0)
ふるさと、霧の摩周湖



a0009196_23263403.jpg暑い日が続きます。と言っても台風13号接近で雲が多くなっています。獨協大学前付近の後援では、噴水で遊ぶ親子の姿が。








始めてのハーモニカ

「朧月夜」二重奏を渡しと二重奏しました。C調なので1stと2ndを甲賀に交代しては森を楽しみました。

次に「ふるさと」G調二重奏に挑戦。C調しか演奏したことがないと、1stのメロディでも混乱している様子。大分慣れてきたところで2ndにも挑戦。混乱しながらもなんとかハモることができました・

クロマチック・ハーモニカ

熱いためか欠席が多く、1人だけのレッスンになりました。これ迄練習してきた曲の中から「霧の摩周湖」Gm調のカラオケ版を練習しました。段々調子が出てきました。

次の曲は「小指の想い出」Am調のカラオケ版に移りました。8分休符から始まる調節が多くて、戸惑いが見られましたが、足の踏み方を工夫して段々カラオケからずれなくなりました。

帰りは吉川温泉に寄りました。前回貰った無料入湯県を活用することができました。台風由来の雲が増えて、涼しくなってきました。

[PR]
by chromclass | 2018-08-06 23:55 | 草加教室 | Comments(0)
ぐみの木、花のメルヘン
初めてのハーモニカ

「ぐみの木」を単独で練習するとどこかでリズムがくるってしまう現象がでいます。二重奏にパートを分担すると段々調子がでてきました。かなり熱心な練習の取り組みようなので聞いてみると、練習するにも曲との相性があるという話が出ました。「ぐみの木」はロシア民謡なので、日本人との感性が合うのでしょう。

次の曲として、「おお牧場はみどり」の二重奏を渡しました。この曲も相性が合えばいいのですが。

クロマチック・ハーモニカ

初心者の方には初級Iを少しずつ先に進めてもらいました。ようやくG調の音階の所まで来ました。

他の方には、「花のメルヘン」の二重奏に取り組んでもらっています。2ndパートでは全音符の流しの音がたくさん出てきます。オーケストラのチェロ・パートをイメージしながらビブラートをかける練習をしました。また、1stパートはもう少しクリアな音で音量を増やすよう促しました。

最後に初心者の方との合奏を試み、「12の誕生日」と「小さな日記」をみんなで吹きました。

[PR]
by chromclass | 2018-07-16 23:45 | 草加教室 | Comments(0)