カテゴリ:草加教室( 214 )
四季の歌、花のメルヘン
初めてのハーモニカ

「夏は来ぬ」の二重奏を思い出しながら演奏しました。自主的に二重奏を吹くようになったのは大きな進歩だと思います。これまでは誰かが1stを吹くと1st、2ndを吹くと2ndと言った具合に同じことをする傾向にあったのですが、1stが聞こえたら2nd、2ndが聞こえたら1stを吹くというように二重奏を楽しめるようになったのです。

次の曲として、簡単な「四季の歌」二重奏の譜面を配ると、早速1stを練習した後、2ndの練習に入っています。時間の終わり近くには、二重奏の練習になっていました。

クロマチック・ハーモニカ

「Greensleeves」の伴奏に載って、一人ずつソロを副練習を二回り実施。お手本のクロード・ガーデンさんの音源を鑑賞し、多彩な音色変化をどう出しているのか、研究しました。最後に伴奏に合わせてみんなで斉奏しました。聴けば聴くほど、色んな音色変化をつけて売ます。聴き応えがあります。

次に「花のメルヘン」の合奏譜の練習に入りました。1stを全員で吹いた後、2ndを全員で吹きました。次に一人が1stを担当し、他の人が2ndを担当するという方法で合奏をしました。1stの担当者を交替しながら、全員が経験すること2回、時間になりました。

帰りに吉川温泉に寄りました。



[PR]
by chromclass | 2018-06-18 23:15 | 草加教室 | Comments(0)
夏は来ぬ、母さんの歌
初めてのハーモニカ

「北帰行」の復習で、ハンド・カバー奏法を使ったビブラートの効き具合を確かめながらしばし自己練習。

次いで「夏は来ぬ」の合奏譜を配り、練習。1stのメロディは、曲を知っていることもありすぐ吹けるようになりました。そこで、2ndパートの練習に入り、吹けるようになったところで1stと2ndに分かれて二重奏の練習をしました、これまで中々二重奏が上手くいかなかったのですが、今回は上手くできました。

クロマチック・ハーモニカ

忘れないために全音符で横隔膜ビブラートの基礎練習をした後、応用として「母さんの歌」でビブラートを効かせる練習をしました。

途中で体験レッスンの方が見えられ、ハーモニカを持っていないので初級I のテキストで説明をしました。同期を尋ねたところ、ネットで南さんの演奏を聞いたからということでした。複音の経験があるとのことで、クロマチックの特徴、注意点を話しました。幸い、7月から入会してくれることになりました。

仕事の関係で退会された方が挨拶を兼ねて2か月振りに顔をみせ、現在の仕事やボランティア活動について話してくれました。

帰りに吉川温泉に寄ってきました。

[PR]
by chromclass | 2018-06-04 23:18 | 草加教室 | Comments(0)
北帰行、Greensleeves
初めてのハーモニカ

ハンド・カバー奏法を使って曲を演奏することができました。引き続き、横隔膜ビブラートに挑戦しましたが、まずは全音階の中でビブラートをかける基礎練習。今回の曲では、1拍につき3連符のビブラートをかけることにしたのですが、中々うまくいきません。基礎練習に戻ったり、声に出したり色々試し、何とか曲になり始めましたが、ちゃんと定着するかどうかは疑わしいところです。

クロマチック・ハーモニカ

「Greensleeves」の装飾音や途中の音色変化を色々研究しました。お手本を聴くと、フェイクしたり、ハンド・カバー奏法を使ったり、横隔膜ビブラートを使ったり、実に多彩です。それぞれの奏法をしっかり研究して、自分のものにしていくことで技量アップに繋がると思いますが、聞けば聞くほど味のある演奏ですねえ。

[PR]
by chromclass | 2018-05-21 23:55 | 草加教室 | Comments(0)
今日の日はさようなら、今日の日はさようなら
初めてのハーモニカ

きれいな音で演奏したいという要望があり、「今日の日はさようなら」を題材にハンドカバー奏法の練習をしました。足でカウントしながら、手を4回ずつ動かすと16分音符の速さでビブラートがかかるわけなのですが、この連動が中々上手く行かなくて苦労しています。耳を活用しないと、手だけが動いていいビブラートにならないので、「耳、耳」と強調して練習しました。

1曲集中してモノにすれば、他の曲にも応用できると思いますので、次回も継続していきたいです。

クロマチック・ハーモニカ

今日はお休みの人が多いので、一人だけになりました。「今日の日はさようなら」を仕上げてみようと思いましたが、付点4分音符の数え方が苦手の人で、その克服法に終始しました。階名読みしながら「あいうえおリズム攻略法」でハーモニカを吹かないまま唱える事を繰り返すのですが、中々これでいいという段階に達しません。根が深いです。

本人もこれができれば初見で吹けるようになるのだがと嘆いておろます。

帰りは吉川温泉に入りました。その間、結構な雨が降ったようです。

[PR]
by chromclass | 2018-05-07 23:47 | 草加教室 | Comments(0)
わかれ、Greensleeves
初めてのハーモニカ

ドイツ民謡「わかれ」二重奏の練習を開始。1stパートは何とかこなしたところで、メロディだから吹けるのではという疑いが浮かび、2ndパートに挑戦してもらいました。案の定、読譜の苦労が始まりました。特に最後の部分で最高音域の音が使われるので、吹き方を改良しないと音が上手く出てくれません。コツを説明し、しばらく吹いていると問題なく吹けるようになっていきました。

次回は二重奏ができるようになりたいものです。

クロマチック・ハーモニカ

「Greensleeves」を十分練習した後、クロード・ガーデンの音源を聴かせて、色んな音色を吹き分けていることを認識してもらいました。そしてそれらの音質をどうやって出すか研究に入りました。口の形、フェイク、ビブラートの種類なんかが研究対象です。装飾音については譜面に書かれていますが、その他の効果については指示がありません。音源をよく聞いて真似するしかありません。

同じハーモニカでも吹き方でこうも音色が変わるかということを実感として感じてもらい、今後の音色づくりに活用してもらいたいと思います。



[PR]
by chromclass | 2018-04-17 00:08 | 草加教室 | Comments(0)
北帰行、Greensleeves
例年教室へ行く途中、獨協大学周りの桜をめでるのですが、今年はもう散っていて残念でした。

初めてのハーモニカ

「北帰行」をきれいに吹く練習です。一人のハーモニカがいい音にならなうので、チューナーで調べると、ドとレが音程が下がっており、ミが音程が上がっていました。早速調律して音程が正しくなりました。

一人はビブラートをかけながら3拍子を数えるのが難しいらしく、ずっと苦労して何とか。もう一人は跳ねる音が跳ねすぎて違和感が感じられるのと、息継ぎが上手くいかないので、これらを努力して解消していきました。

改良されて出てくる音を聞いていると、「北帰行」ってハーモニカの音色がよく合う曲だなあと再認識しました。

次回用に「忘れな草をあなたに」の二重奏の楽譜を配りました。

クロマチック・ハーモニカ

「Greensleeves」、前にも練習したのですが、改めてテクニックを習得してもらうために練習しました。装飾音の変え穴利用については、説明なしでもこなせるようになっています。音色を向上させる試みにも色々挑戦してもらいました。ハンド・カバーやフェイクをうまく使うのは中々大変のようです。

散々練習したので、「雪山に消えたあいつ」の二重奏の楽譜を配って1stパートの練習を少ししました。ダークダックス版で、彼らの合唱を思い出したり現状の噂話をしたりしました。



帰りは吉川温泉経由です。



[PR]
by chromclass | 2018-04-03 00:21 | 草加教室 | Comments(0)
花かげ、哀しみ本線日本海
初めてのハーモニカ

「花かげ」をカラオケ伴奏で演奏はできるようになっていますが、ビブラートなしの棒吹きであるために、聞いていて耳が痛いです。なのでハンド・ビブラートをかける練習に時間の大半を使いました。最後の方でようやくビブラートがかかった演奏ができるようになってきました。

残り僅かの時間で、「北帰行」のメロディ譜を配り音出しをしました。

クロマチック・ハーモニカ

前回に引き続いてオクターブ奏法を練習しました。簡単な曲でやってみようということで「夕焼け小焼け」に挑戦しました。ハ長調ばかりでなく、スライド操作を伴ってもできなければいけないということで、半音階の音階練習をしてみました。

充分練習したので、次に「哀しみ本線日本海」のカラオケ譜の練習に入りました。16分音符がたくさん出てきますので、伴奏なしで譜面を正確に吹く練習をしました。カラオケ伴奏でも練習しましたが、伴奏に遅れて慌てる場面も。

これから取り組む曲について要望を聞いて、「Nearer my God to thee」と「Greensleeves」を候補として挙げることにしました。

[PR]
by chromclass | 2018-03-20 01:22 | 草加教室 | Comments(0)
冬の夜、オクターブ奏法
初めてのハーモニカ

「冬の夜」の二重奏を練習して、二人で重奏を楽しめるようになりました。「みかんの花咲く丘」の6/8拍子の数え方が分からないと質問が出て、3/4拍子との違いなども説明して取り組むうち、最終的には分かってもらえました。

「はなかげ」のカラオケ用楽譜を配り、練習に入りました。カラオケ伴奏を流してメロディに親しんでもらってから、個別に練習してもらいました。

クロマチック・ハーモニカ

修理のテキストを配って、狂った音を見つける方策としてオクターブ奏法があることを紹介すると、みんな熱心に双方の練習を始めてしまい、これがまた簡単にいかなかったので、時間一杯を置くたーび双方の吹き方に費やしました。

帰りは雨の中、吉川温泉に寄ってきました。

[PR]
by chromclass | 2018-03-05 23:28 | 草加教室 | Comments(0)
みかんの花咲く丘、青春時代
初めてのハーモニカ

「みかんの花咲く丘」のカラオケ伴奏が速すぎるとの意見が出たので、midi音源の速度を変えるアプリを使って丁度いい速さにして練習をしました。

その後、「冬の夜」の二重奏の練習に入りました。

一方、初心者の方達は「夕焼け小焼け」に取り組みました。その後「冬の夜」を試しましたが難しすぎました。次回、楽に吹ける曲を用意して来ることにしました。

クロマチック・ハーモニカ

「真夜中のカウボーイ」のフェイクをうまくできるようになりたいという要望が出たので、最初の数小節を中心にフェイクの練習をしました。速めの中フェイクの例です。今度はゆっくりした中フェイクの練習で「セレソローサ」のフェイクを練習しました。一朝一夕にはマスターできないですが、何とかコツを教えこみました。

次は「青春時代」を吹くための基礎練習として、Eb調の音階練習と速吹きパターンの練習を存分に実施しました。そして「青春時代」を初見で練習し始めました。カラオケ伴奏を流すととても速いテンポであることが認識でき、練習のテンポも上がってきました。

レッスン後、東京で合宿委員会の会議があるので、早々に引き上げました。


[PR]
by chromclass | 2018-02-19 23:12 | 草加教室 | Comments(0)
翼をください、哀しみ本線日本海
初めてのハーモニカ

「翼をください」を熱心に練習したらしく、16分音符のシンコペーションが随分上手になっていました。1拍3連符に難があり、是正しました。

その間に、初心者の方々が「荒城の月」に取り組んでいます。低音の音域からスタートすると音が出にくいというので、腹式呼吸と口の中の空間の広がり、舌の位置、吹き吸いする空気の速度等を説明して、大分よくなってきました。

次の曲として、「みかんの花咲く丘」を配りました。教室が始まったころに挑戦した曲でしたが、コンbン回は楽譜を貰って6/8拍子であることを把握すると、どんどん吹いていくことができました。読譜力については随分向上していると思います。

クロマチック・ハーモニカ

今回は「哀しみ本線日本海」に挑戦です。実はこの曲を知らない人もいました。カラオケ音源を聞かせたり、森昌子のYouTubeを聞かせたりして、まずは楽譜に取り組んでもらいました。そしてカラオケ伴奏で数回練習。次はソロ回し。3番まであるので、1男ずつソロで担当します。

この曲はとても歌える曲で、ハーモニカでもそれを表現してもらいたいです。次回はそれに挑戦しましょう。

帰りは吉川温泉。寒い日でもほっこり温まって帰りました。

[PR]
by chromclass | 2018-02-05 23:56 | 草加教室 | Comments(0)