人気ブログランキング |
カテゴリ:さいたまアリーナ教室( 153 )
The Moon Represents My Heart
前回配ったのはC調の「The Moon Represents My Heart」でしたが、練習にも入らないうちにD調の二重奏の楽譜を配りました。


こちらの方がハーモニカには参考になるし、#2個のD調に慣れるのはいい経験になります。

お手本はハンド・カバー奏法を使っています。みんなにその練習をしてもらいました。

メロディの練習は出来たので、次回は2ndパートの練習をして二重奏を始めたいと思います。

by chromclass | 2019-09-05 23:56 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
ライラ・ライラ
a0009196_11273293.jpgさいたまアリーナけやき広場ではアイドル・グループが夜の公演の為のリハーサルをやっていました。「ライラ・ライラ」の二重奏の練習中です。二人ずつペアを作ってもらい、自席のまま発表してもらいました。今度はぺアの相手を変えてという段取りになり、席を移動して、しばらく新ペアで慣れるまで練習をしてもらいました。そしてまた、新ペアで自席で発表会。今度はお手本の動画を見てもらいながら、どんなビブラートが使われているか観察、それを取り入れる練習をしました。さて、次回は「The Moon Represents My Heart」を練習することにしまいました。使うカラオケ動画はこれです。
by chromclass | 2019-08-29 23:04 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
Laila Laila
「坊がつる賛歌」をカラオケ伴奏で斉奏したものの、スピーカーを忘れて行ったので皆が聞き取れず、手拍子に合わせて斉奏しました。

その後、「Laila Laila」二重奏の楽譜を配り、練習に入りました。お手本はiPhoneで聴くYouTube動画の音声。旋律的短音階のエキゾチックな雰囲気は、皆さんを魅了したようでした。練習に熱が入ります。1stパートが出来るようになった人には、2ndパートの練習に入ってもらいました。全員で演奏し、一部の人は2ndパートを担当してもらいました。

行く行くは二人ずつのデュエットをやってもらいたいので、次回まで約1ヶ月あるので、十分練習するよう指示してレッスンを終えました。

by chromclass | 2019-08-01 19:33 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
坊がつる賛歌
前回配布した「坊がつる讃歌」のカラオケ譜の練習に入りました。Cm調なので、b3個の音階にまず慣れようと音階練習に時間を割きました。

a0009196_12492638.jpg慣れている人はすぐ取り組んでくれましたが、#読みになれていない人は手が出ない様子。#読みの仕組みを説明すると、納得顔。

雑談として、クロマチックの教則本には穴番号が付記されていることがある事を説明し、当教室では穴番号は使わないこと、音階練習に力を入れるべきことなどを説明していきました。

いよいよカラオケ伴奏で斉奏。全員で吹いていると伴奏が聴こえないため、難しさもあって伴奏に遅れがちになっています。手拍子で拍打ちをすることで、遅れを認識できるようにしました。

次回は一人ひとりがソロで演奏することに挑戦します。




by chromclass | 2019-07-18 23:54 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
神田川
カラオケ伴奏で神田川の練習をしました。間奏を聴くと、16分音符の繋がったところが上手くできないとのこと。なので、ト長調の速吹きパターンの練習をしばらくやってもらいました。

引き続きカラオケ伴奏で練習したのですが、どうもスピーカーから右チャンネルの音が聞こえてこないという問題がありました。色々調べたのですが、タブレット側の問題ではなく、スピーカー側の問題のようです。対処しなくては。

「神田川」で、#1個の調の難しさを体験してもらったので、今度はb2個の「あの素晴しい愛をもう一度」に挑戦することにしました。調子のよい曲で、皆さん楽しみながら吹けたようです。時間を少しオーバーしても吹いてくれました。

次回はb3個に挑戦ということにして、「坊がつる賛歌」の楽譜を配りました。



by chromclass | 2019-07-04 23:06 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
夏の思い出
D調の「夏の思い出」カラオケ版に行く前に、D調の速吹きパターンの練習をたっぷり行いました。

その後、「夏の思い出」カラオケ伴奏を使って全員で斉奏。しかし各個人の力量が分からないので、3組に分けて斉奏、次にふてりずつ出最初のコーラス、二番目のコーラスと分けて、ソロで吹いてもらいました。それぞれの音色がはっきり聞こえ、良かったです。

その後、この曲のビブラートは何を使えばいいか問題を提起し、それぞれに自分なりに取り組んでもらいました。

「夏の思い出」はこれくらいで卒業にして、「神田川」のカラオケ用譜面を配り、みんなで取り組み始めましたが、気が付くともう時間が迫っておりました。次回はもっと濃密に取り組んでいこうと思います。

by chromclass | 2019-06-20 23:39 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
秋メドレー
先週に引き続き、パートナーを変えたデュオによる「秋メドレー」の発表会をやることに。まずそれぞれのパートナーと充分練習を積み、発表会に臨みました。4組のデュオが順番に発表をしていきました。

メドレーには難曲も童謡が含まれています。童謡を素朴なハーモニカの音色で美しく演奏することはとても大切な課題です。発表の段階では演奏に夢中で、音色まで気を配る余裕がない様子。そこで、含まれている「七つの子」を題材に、しばし、ハンド・ビブラート(ハンド・カバー奏法ではない)の練習に取り組みました。多くの人は手の動きが速すぎ、心地よいビブラートになりませんが、よく音色を聴くこと、耳でビブラートの速さを調節することなどを伝えると、少しずつ良い音色を出す人が出てきました。全員がそうなるまでにはまだ時間がかかりそうです。

さて、これまでb系の超に取り組むことが多かったのですが、この辺りで#系の調にも習熟してもらうことにしました。「夏の思い出」D調の楽譜を配り、正攻法でまずD調の音階練習に取り組んでもらいました。しかしあっという間に時間が来てしまい、次回に改めて挑戦することにしました。

by chromclass | 2019-06-06 23:03 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
秋メドレー発表会
前回作ってあった4組の二人組に「秋メドレー」の発表会をしてもらいました。先立って、全員で1stと2ndに分かれて二重唱の斉奏をし、パートを交替して更に斉奏をしました。
a0009196_22214921.jpg

しばらく時間を取ってペアごとに発表の準備をしてもらいました。残り30分になったので、いよいよ発表会です。







a0009196_22251783.jpg



発表者は前に出て演奏しなければなりません。最初の組、拍手で迎え、発表後、拍手で退場と、いつか来るであろう発表の場を模しています。




a0009196_22295289.jpg


2組目。













a0009196_22304628.jpg



3組目。













a0009196_22312983.jpg


4組目。

無事4組の発表を終えました。

今回はたまたま隣り合った人とパートナーになった簿ですが、次回は別のパートナーと組むことにして、残りの時間、新しい組み合わせで練習してもらいました。次回は来週なので、また新たな友人関係が芽生えることでしょう。 

by chromclass | 2019-05-30 22:42 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
Moon River
「Moon River」のカラオケを一旦離れて、メロディをハンド・カバービブラートをかけながら吹く練習をそれぞれにやってもらいました。ビブラートをかけながらリズムから外れないようにするのが中々難しいようです。

充分練習したところで、久々に合奏練習に入ることにしました。「秋メドレー」の楽譜を配り、最も難しいイントロ部分の譜割りを白板を使って説明し、足打ちの方法を詳しく教えました。手こずりましたが、他の教室よりは飲み込みが早いので、その先のメロディーに進みました。同様のメロディですので、1stパートはとても楽です。しかし、2ndパートが色々な絡み方をしているので習熟するまでしばらくかかりそうです。

宿題として、二人ずつ組みになり、次回に発表会をしてもらうと宣言しました。二人組のペアを今回決め、次回に成果を期待します。

by chromclass | 2019-05-16 22:52 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
Moon River
見学の方がいたので、説明をしている間、皆さんには口慣らしに「剣の舞」の冒頭部分を練習してもらいました。見学者には、初級Iのテキストを元にハーモニカの説明、初級の課題、楽譜の読み方などを説明し、大変興味を持って唄だきました。

他の皆さんには「Moon River 」のC調版でハンド・カバー奏法をマスターすべくそれぞれ研究してもらいました。カラオケ音源を使って、一人ずつ通して演奏してもらいました。必ずしも全員が上手くいったわけではありませんが、うまくいった人の演奏は人に迫るものがありました。和えアためていい曲だなあと思います。

最後に残った時間で、C#調版のカラオケ音源で斉奏しました。次回はこれでソロの演奏を行うとの予告をしてレッスンを終えました。

by chromclass | 2019-04-18 22:16 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)