<   2018年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
母さんの歌
横隔膜ビブラートの出し方が分かってきたのですが、それを曲の中で使うためにはそれなりの訓練が必要です。と言うことで、今回は「母さんの歌」に実際応用する訓練をしました。何度も個別練習するうちに、少しずつコツをつかみかけた人もいます。

最初は大袈裟気味にかけるよう促しますが、その次ぐの課題はビブラートの波の高さをより穏やかにしていく過程が必要です。お手本はトゥーツ・シールマンスの心を穏やかにするビブラートです。音源を聴かせて目標にするよう促しました。

ビブラートに加えて、フェイクをかける方法を教え、前フェイク、後フェイク、中フェイクを「母さんの歌」で試してもらいました。

更に、過去に練習した曲、「暗い港のブルース」、「霧の摩周湖」、「池上線」などを気の向くままに選んで練習してもらいました。

テクニックは、本気で取り組まないとモノになりませんね。継続的な努力が必要です。

[PR]
by chromclass | 2018-05-30 23:30 | 柏教室 | Comments(0)
横隔膜ビブラート
横隔膜ビブラートと足踏みの関係を全員で研究しました。最初は全音符の音階で。次いで「旅人・スナフキン」に応用してみました。さらに「かあさんの歌」をゆっくり吹きながら応用。最後は「霧の摩周湖」への応用。残りの時間で、一人ひとりビブラートを効かせた短いフレーズを披露してもらいました。

質問が来ました。横隔膜ビブラートと手を前後に動かすハンド・ビブラートは同使い分けるのかと。うーん。両者の音質が似ているのでどちらも使えるのですが、合奏の中で速めの曲を吹く時にはハンド・ビブラートでないとうまく使えない。ソロでバラードを吹く時には、横隔膜ビブラートを使って歌い込む感じでしょうか。

ビブラートには色んな種類があり、それらを複合させることもあることを説明に咥えました。

[PR]
by chromclass | 2018-05-24 00:02 | 柏教室 | Comments(0)
つぐない、忘れな草をあなたに
中級

「つぐない」をカラオケで練習中です。人前で演奏することを目標に、足踏みでテンポを取る代わりに親指だけを動かす方法を試しました。また、盛り上がる場所を特定して強調したり、ビブラートを改良したり。さらにフェイクをかける方法も試しました。これら色んなことを消化して人前で演奏できるようになるまで、まだ数回のレッスンが必要になると思われます。

初級

「忘れな草をあなたに」の練習中でしたが、編曲が2種類あり、より簡単な編曲の方に切り替えて練習することになりました。1st、2ndに分かれて二重奏を演奏し、パートを交替してまた演奏しました。

次の練習曲として、「恋の季節」を配りました。音源がタブレットに入っているので、自習も出来ることでしょう。

[PR]
by chromclass | 2018-05-23 01:05 | お茶の水教室 | Comments(0)
もんオケ ダブルヘッダー
5月19日にはもんオケの出演機会が2回ありました。a0009196_23501745.jpg

最初は、昨年に引き続き、池袋ジャズ・フェスティバル。天候が心配でしたが幸い晴れ。

14:30のスター
ト。

演奏曲目

・子象の行進
・シャレード
・ムーン・リバー
・サマー・タイム
・モルダウ
・スター・ダスト
a0009196_00044095.jpg


二つ目のステージは、サル団体のパーティーでの演奏。ホテル・イースト21の3階 東陽の間で、アトラクション・タイムの19:00のスタート。

演奏曲目

・子象の行進
・シャレード
・ムーン・リバー
・サマー・タイム
・花
・銀河鉄道スリーナイン
・東京音頭
・スター・ダスト
・マンボNo.5 (アンコール曲)

お客さんは盛り上がってくれました。

演奏終了後、参加可能な人で、居酒屋で23時まで歓談。充実した1日でした。

[PR]
by chromclass | 2018-05-22 00:18 | 演奏会 | Comments(0)
北帰行、Greensleeves
初めてのハーモニカ

ハンド・カバー奏法を使って曲を演奏することができました。引き続き、横隔膜ビブラートに挑戦しましたが、まずは全音階の中でビブラートをかける基礎練習。今回の曲では、1拍につき3連符のビブラートをかけることにしたのですが、中々うまくいきません。基礎練習に戻ったり、声に出したり色々試し、何とか曲になり始めましたが、ちゃんと定着するかどうかは疑わしいところです。

クロマチック・ハーモニカ

「Greensleeves」の装飾音や途中の音色変化を色々研究しました。お手本を聴くと、フェイクしたり、ハンド・カバー奏法を使ったり、横隔膜ビブラートを使ったり、実に多彩です。それぞれの奏法をしっかり研究して、自分のものにしていくことで技量アップに繋がると思いますが、聞けば聞くほど味のある演奏ですねえ。

[PR]
by chromclass | 2018-05-21 23:55 | 草加教室 | Comments(0)
Greensleeves
a0009196_08565942.jpg

暑い日です。さいたまアリーナのけやき広場に近づくと、冷気を吹きだすスチーム・サービスが目を楽しませてくれました。







a0009196_09124911.jpg


下から噴き出すタイプもあります。












教室に入って、白板に全音符の音階(C調)を書き出し、横隔膜ビブラートの練習から入りました。足を1拍ごとに踏み、その間にビブラートを4回ずつかける練習をしました。曲の中でビブラートを使うときに、脚と連動させていないとうまく拍が取れなくなりますので、そのための基本練習です。新しく入った方で、この方法で素晴らしくきれいな音が出るようになった人がいました。他の人への刺激になります。本人はまだ低音が出せないなどの問題を抱えている様子で、それなりに次回対処法を伝えようと思いました。

それぞれ自分が取り組んでいる曲の練習に入り、前からの人は「Greensleeves」の二重奏に取り組んでいます。

初級Iのテキストで最後まで行った人には、初級IIを渡さないといけないのですが、手元になかったので初級IIIのテキストで速吹きパターンの練習を始めてもらいました。

しょきゅうI de低音の音出しに苦しむ人が他にもいるので、次回はそこに焦点を当てたいと思います。

[PR]
by chromclass | 2018-05-17 23:50 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
ボランティア演奏
a0009196_21490639.jpg

マドリガルが流山市のデイサービス たいようでボランティア演奏をしました。

演奏曲

・オブラディオブラダ
・精霊流し
・コンドルは飛んで行く
・忘れな草をあなたに
・有楽町で逢いましょう
・津軽海峡冬景色
・手のひらを太陽に
・神田川
・見上げてごらん夜の星を
・学生時代
・今日の日はさようなら
・二人でお酒を(アンコール)

曲目が多くて丁度1時間の演奏時間でしたが、考えてみればお客さんもずっと1時間座ったまま聞いてくれたわけで、ありがたいことでした。

丁度私の72才の誕生日であることを紹介すると、皆さんから暖かい拍手を送られました。

またいつか再訪したいと思います。


[PR]
by chromclass | 2018-05-14 22:12 | 演奏会 | Comments(0)
Nearer my God to thee
「Nearer my God to thee」を題材に、ビブラートの練習をしました。ビブラートの速さということをじっくりと考え、ビブラートかかった音を自分の耳で確認しながら横隔膜、または手を動かす。曲の中では難しいのであれば。全音符の音階練習の中で再確認。

途中から相手を見つけて二重奏の練習に入りましたが、二人の息を合わせるどころではありません。難しさが分かってきたためか、嫌がらずに取り組んでくれます。

初心者の方達は初級Iのテキストに沿って、少しずつ曲に取り組んでいます。タブレットが全員にいきわたり、自習体制もできました。楽譜が読めないところからスタートしているので、地道に取り組んでいるのが良い結果をもたらすでしょう。

[PR]
by chromclass | 2018-05-09 23:21 | 柏教室 | Comments(0)
つぐない、忘れな草をあなたに
中級

「つぐない」のカラオケ伴奏での練習中。ハンド・マイクを初めて使ってもらいました。

上手く伴奏に乗れれば中々の演奏になるのですが、どこかでリズムを外した時に、外れたリズムのまま先に進むという欠点が見つかり、間違ったときのリカバリが課題として浮上しました。

ハンド・ビブラートの速さがよく耳で聴きとれるので、遅めのビブラートのかけ方の注力するよう助言しました。

初級

「忘れな草をあなたに」の二重奏の練習をしました。1stパートは何とかなるものの、2ndパートは難易度が高いようです。みんなで2ndパートの練習を何度もやりました。音源が欲しいとの事なので、用意することを約束しました。

[PR]
by chromclass | 2018-05-09 00:11 | お茶の水教室 | Comments(0)
今日の日はさようなら、今日の日はさようなら
初めてのハーモニカ

きれいな音で演奏したいという要望があり、「今日の日はさようなら」を題材にハンドカバー奏法の練習をしました。足でカウントしながら、手を4回ずつ動かすと16分音符の速さでビブラートがかかるわけなのですが、この連動が中々上手く行かなくて苦労しています。耳を活用しないと、手だけが動いていいビブラートにならないので、「耳、耳」と強調して練習しました。

1曲集中してモノにすれば、他の曲にも応用できると思いますので、次回も継続していきたいです。

クロマチック・ハーモニカ

今日はお休みの人が多いので、一人だけになりました。「今日の日はさようなら」を仕上げてみようと思いましたが、付点4分音符の数え方が苦手の人で、その克服法に終始しました。階名読みしながら「あいうえおリズム攻略法」でハーモニカを吹かないまま唱える事を繰り返すのですが、中々これでいいという段階に達しません。根が深いです。

本人もこれができれば初見で吹けるようになるのだがと嘆いておろます。

帰りは吉川温泉に入りました。その間、結構な雨が降ったようです。

[PR]
by chromclass | 2018-05-07 23:47 | 草加教室 | Comments(0)