LA ARMONICA DEL TANGO
a0009196_224549.jpgLUIS SALTOS

アルゼンチンの奏者。Hugo Diaz程ではないが、多少似た音をしています。オクターブ奏法によりバンドネオン的な音色をよく出します。

説明はスペイン語なのでよくわかりません。

収録曲は

1.SUR
2.TAQUITO MILITAR
3.PALOMITA BLANCA
4.RESPONSO
5.QUEJAS DE BANDONEON
6.LOS MAREADOS
7.CORRALERA
8.ILUSION DE MI VIDA
9.CANARO DE PARIS
10.LA CUMPARSITA

です。
[PR]
# by chromclass | 2004-07-15 22:47 | 鑑賞 | Comments(0)
THE CIRCLE OF WILLIS
a0009196_232256.jpg2002年の収録。

BILL BARRET : harmonica
SCOT RAY : trombone
WAYNE PEET : piano

という珍しい編成。

収録曲は

1.THE POUCH OF DOUGLAS
2.FOR MARIE
3.RAYOS X
4.MAMBO LASAINE
5.IRON JOHN'S BUNKMATE
6.FOR ROSE
7.MR SCOOP
8.THE COLONEL'S ZHOK
9.THE PENSIVE BUMBLEBEE

です。

1.、9.はFrank San Fillipo、5.はVincent Meghrouniの作曲、その他はBill Barrettの作曲。

非常にブルーな吹き方です。延ばした音の最後をベンドする方法、重音を使うなどいろいろやります。フリー・ジャズ的だけれどトロンボーンとのユニゾンが多いので、ちゃんと作曲されているのでしょう。
[PR]
# by chromclass | 2004-07-14 23:24 | 鑑賞 | Comments(0)
HARMONICA MOODS
a0009196_232749.jpg実はHARMONICA GOLDというCDの曲順を変えて、2曲だけ少なくした盤でした。今度は奏者の名前もかいてありません。

収録曲は

1.CHARADE
2.I CAN SEE CLEARLY NOW
3.LA VIE EN ROSE
4.NEVER BEEN IN LOVE THIS WAY BEFORE
5.REUNITED
6.SOKE GETS IN YOUR EYES
7.SUMMERTIME
8.THE SUMMER KNOWS(THE SUMMER OF '42)
9.WE'VE ONLY JUST BEGUN
10.YESTERDAY LOVE
11.A MAN AND A WOMAN
12.MISTY
13.THEME FROM LOVE STORY
14.MOON RIVER
15.YOU'VE GOT A FRIEND
16.A WOMAN IN LOVE

です。
[PR]
# by chromclass | 2004-07-13 23:29 | 鑑賞 | Comments(0)
HARMONICA GOLD
a0009196_232111.jpgイギリス人だと思われるMartin Simons演奏のポピュラー・ハーモニカ曲集。ジャケットの写真と使われている楽器は関係ありません。奏者に関する情報は皆無です。

収録曲は、

1.WE'VE ONLY JUST BEGUN
2.NEVER BEEN IN LOVE THE WAY BEFORE
3.A MAN AND A WOMAN
4.THE GREATEST LOVE OF ALL
5.YOU'VE GOT A FRIEND
6.THE SUMMER KNOWS(SUMMER OF '42)
7.YESTERDAY'S LOVE
8.SUMMERTIME
9.LA VIE EN ROSE
10.BLUES FOR MONICA
11.CHARADE
12.A WOMAN IN LOVE
13.I CAN SEE CLEARLY MOW
14.MOON RIVER
15.THEME FROM LOVE STORY
16.SMOKE GETS IN YOUR EYES
17.REUNITED
18.MISTY

です。

メロディ・ラインを吹いているのが多いので、それほど面白い編曲ではないです。音採りはしやすそうですが、採ったことはありません。
[PR]
# by chromclass | 2004-07-13 23:22 | 鑑賞 | Comments(0)
DIE NEUE MUNDHARMONIKA
a0009196_22515.jpgDuo Painted Harmony

Maria Wolfsberger : Mundharmonika
Siegfried Steinkogler : Gitarre

"つい最近までハーモニカに関するコンテンポラリー・ミュージックは作曲されていませんでした。私達は、作曲家のグループと協力してソロ・ハーモニカ、ハーモニカとギター、ハーモニカと弦楽三重奏に関するオリジナル作品を集め、このCDを作りました。このプロジェクトが世界中の作曲家達の興味を惹き、リサイタルやコンサートのプログラムに加えられるように、今後ソロやハーモニカ・アンサンブルの作品を作ってくださるよう節に願っております。"

前作の「Painted Harmony」が1997年の収録で、このCDは1999年の収録です。

とにかくこの2枚を聴いて、コンテンポラリー・ミュージックで使われるハーモニカがとても好きになりました。Steinkoglerさんは楽譜も販売しているので何部か購入したのですが、内容はとても高度でいまだに演奏できずにいます。

そうこうしているうちにMariaさんは修道院に入ってしまいSteinkoglerさんのホームページもリンクが切れてしまい、E-メールに対する返事も来なくなりました。残念でなりません。

収録曲は

1~3.CERTO - SIEGFRIED STEINKOGLER
4.Pacific Ischlerbahn Blues - WOLFGANG NIESSNER
5.Momenti di Belleza - H. MICHAEL TRIPPOLT
ATEM I - ANTON STEINKOGLER
6.Atemnot
7. Atempause
8.Atemlos
9~12.Shadows - BARNA KOVATS
13.Clustergeglitzer - SIEGFRIED STEINKOGLER
14.Cartoons - MARIA WOLFSBERGER
15.Blitzklänge - WOLFGANG NIESSNER
16.Preludio - H. MICHAEL TRIPPOLT
17.Gazellensprünge - ALFRED MAULTASCH
18~23.Fragmentos de un probolema humano - BARNA KOVATS
24.Es Astra - SIEGFRIED STEINKOGLER

2004年インスブルック大会のコンテストで演奏される曲、同年香港大会の課題曲など、今後のコンテストに出場される方は、こういったコンテンポラリ・ミュージックへの傾向と対策も必要かもしれません。
[PR]
# by chromclass | 2004-07-12 22:52 | 鑑賞 | Comments(0)
HARMONICA DREAMS
a0009196_103618.jpgMaria Wolfsberger-Harmonica
Naoko Knopp-Piano

1995年の収録。Mariaさんは1991年にデトロイト大会、1993年トロッシンゲン大会で優勝しているそうです。

Naoko Knoppさんは盛岡出身のピアニストで、オーストリア旅行の際にはピアノ伴奏していただきました。

収録曲は

1.Viva Vivaldi - James Moody
2.A Suite of Five Pieces - Gordon Jacob
3.Pictures of a Woman - Pete Pedersen
4.Fantasy Etude - Yasuo Watani
5.Fruhlingslied - Felix Mendelsshon-Batholdy
6.Auf Flugeln des Gesanges - Felix Mendelsshon-Batholdy
7.Czardas - Vittoeio Monti
8.Ungarischer Tanz Nr.5 - Johannes Brahms
9.The Little Negro - Claude Debussy
10.Andaluza - Enrique Granados
11.Serenade - Tommy Reilly
12.What a Wonderful World

です。

「このCDはWalter Buchingerに捧げる」との謝辞が付いています。

Mariaさんは修道院に入られてしまったというお話をNaokoさんから聞きました。ハーモニカは吹き続けているそうなのですが、それ以降のCDが発売される見込みがないらしいのがなんとも残念。
[PR]
# by chromclass | 2004-07-11 10:37 | 鑑賞 | Comments(2)
Harmonica-Quartet Austria "Grenzenlos"
a0009196_101633.jpg1994年の録音。

Gerald Seyr:Solomundharmonika
Brigitte Laska:Bassmundharmonika
Thomas Stockhammer:Akkordharmonika
Johan Ortner:Solo,Akkordmundharmonika,Harmonetta

Maria Wolfsbergerの代わりにGerald Seyrgが加わったカルテットです。

収録曲は

1.RAG OF RAG
2.THE GALLOPPING COMEDIANS
3.MOON RIVER
4.HORA STACCATO
5.TRITSCH-TRATSCH
6.DON'T CRY FOR ME ARGENTINA
7.MEXICAN HATDANCE
8.THE GIPSY CARNIVAL
9.THE ENTERTAINER
10.CAN'T HELP FALLING IN LOVE
11.TICO TICO
12.YES SIR, THAT' MY BABY
13.WHEN THE SAINTS GO MARCHING IN

です。

基本に忠実な演奏だと思いますが、どれも上手ですね。この域に達するのは並大抵なことではないと思われます。
[PR]
# by chromclass | 2004-07-11 10:17 | 鑑賞 | Comments(0)
HARMONICA QUARTET AUSTRIA Mahabri
a0009196_85616.jpg1993年に来日したときの記念盤。このときは知らなかったので聞き逃しています。

Maria Wolfsberger:lead
Johan Ortner:Lead、Chrod
Brigitte Laska:Bass
Thomas Stockhammer:Chord、Drums

の編成になっています。ときどきパートが変わっています。皆、マルチ人間なんですね。

謝辞の中に、オーストリア旅行でお世話になったWalter Buchinger氏の名前が見えます。

収録曲は

1.Sabre Dance
2.Czardas Nr.1
3.Zdrowa Hora
4.Western Medley 1
5.Western Medley 2
6.Take Five

基本に忠実ないい演奏だと思います。写真では皆若いです。
3.はとても面白い曲で、演奏してみたくなります。
[PR]
# by chromclass | 2004-07-10 08:57 | 鑑賞 | Comments(0)
FANTASIA BAROQUE
a0009196_211330.jpgオーストリアの名手、FRANZ CHMELの一枚。

自ら手のビブラートを使わないと広言しているだけあって、見事なビブラートを披露しています。1日6時間の練習により、週に6本リードを壊し、5本のハーモニカを必要とするという猛練習家。

収録曲は、

1.AIRS BOHEMIENS/ZIGEUNERWEISEN
2.LE STREGHE/HEXENTÄNZE
3.ADAGIO
4.SUITE EN FA POUR HARMONICA
5.SONATE POUR FLÛTE C-DUR/FLÖTEN SONATE C-DUR
6.IRISCHE VOLKSLIEDER(Suite 1,2,3,4,5)
7.LARGO
8.CARNAVAL DE VENISE
9.AVE MARIA

です。

1.はバイオリンで有名なチゴイネルワイゼンです。一聴の価値ありです。速い曲ばかりでなく3.のスローで見せる感情の込め方も大いに参考になります。8.の早吹きにはそれこそ驚くばかりです。
[PR]
# by chromclass | 2004-07-08 21:14 | 鑑賞 | Comments(0)
Chordmonica I
オーストリアのB氏から、一時期Hohner社から発売されていたChordmonica I のCD付き教則本をいただきました。

Chordmonica I は、クロマチック・ハーモニカのようにボタン付きで、CのハーモニカでいうとC、G7、F、Cdim7の和音が出るようになっているハーモニカです。次のような配列をしています。

吹 C E G C C E G C C E G C
吸 D F G B D F G B D F G B
ボタンを押したとき
吹 C F A C C F A C C F A C
吸 C D#F#A C D#F#A C D#F#A

メロディを吹きながらベースを入れる演奏をするときに、主要3和音が使えるので、普通のクロマチック・ハーモニカでベースを入れるよりはまともな音が出せます。しかし、半音を駆使した転調などできませんから、クロマチック(半音)・ハーモニカではなく、ダイアトニック(全音)・ハーモニカの部類に入ります。

この程度の配列の違いであれば、C調のクロマチック・ハーモニカのリードを削れば作れそうなので、練習用に使っていたボロボロの270を土台にして作ってみました。

結果良好ですが、C調のハーモニカは音が高いと感じられます。A調、G調などで作れば落ち着いた感じの音になりそうです。今度は、A調で作ってみようと思っています。

a0009196_93736.gif

[PR]
# by chromclass | 2004-07-08 09:38 | 修理、改造 | Comments(1)
ウィルス騒動
ウィルス騒動が巻き起こり、念のためスキャンしてみたところ、1匹見つかってしまいました。新年度に入ってどこかで感染したらしい。自動的には駆除できなかったので、よく観察すると、なんと最近話題のlivedoorのフォルダ中のhtmlファイルが感染している様子。試しにそのhtmlファイルを削除して再スキャンするとOKになりました。よく考えてみるとlivedoorのS/Wはまったく使っていないので、この際、システムからアンインストールすることにしました。一見落着ですが、これまで何か悪いことしていなかったのでしょうか。心配になります。

a0009196_15321.gif

[PR]
# by chromclass | 2004-07-07 15:04 | PC | Comments(0)
バルブのパタパタ
なんとなくバルブがパタパタ音をたてる270があったので、分解したところ、内側のバルブが少し浮いていました。あまり確信もなくそのバルブを新品に替え、隙間がないようにしたところ、見事に直ってしまいました。

今後は確信を持って取り替えることにします。
[PR]
# by chromclass | 2004-07-07 00:17 | 修理、改造 | Comments(0)
ウィーン
a0009196_225536.jpgシュテファン寺院。

旧市内は市電で一回りしても20分という狭さ。市電に乗った後、あちこち歩いて見学しました。

オーストリアは3度目で、シェーンブルン宮殿とかベルヴェデーレ宮殿などは前に見ているので、今回は市内を歩き回るだけにしました。

夜はライムント劇場のオペラ鑑賞をしました。映像と音の仕掛けがすごい迫力でした。

翌朝も、出発前に地下鉄と市電で雨の中を市内見学。ヨハンシュトラウス像なんかをカメラに収めました。

空港までバス。

おみやげを買って、いよいよオーストリアともお別れとなりました。

来年11月はトロッシンゲンで大会があります。まだ決めていないけれど、このチャンスを逃すと定年を迎えてしまう。決断のとき・・・・・・・・・・。

6/19
[PR]
# by chromclass | 2004-07-05 22:56 | | Comments(0)
ウィーン
a0009196_224241.jpg早速市内観光。

モーツァルト像。

6/19
[PR]
# by chromclass | 2004-07-05 22:43 | | Comments(0)
ウィーン
a0009196_224129.jpg列車に乗って、ウィーン西駅に到着しました。

タクシーがいい雰囲気でした。

6/19
[PR]
# by chromclass | 2004-07-05 22:42 | | Comments(0)
交歓パーティ
a0009196_22327.jpgLaakirchenの2組のご夫婦によるカルテット演奏です。なごやかでよいですね。

B氏がアコーディオンで演奏する「ラ・クンパルシータ」にMさんがアドリブで参入するというシーンもありました。

私は知っている限りのドイツ語で挨拶し、といってもすぐ英語に戻ってしまうのでしたが、「二人でお酒を」、B氏の伴奏で「12の誕生日」を演奏しました。

深夜、ほろ酔い期限で宿に帰り着きました。

もう、残すはウィーンの1泊のみ。

6/18
[PR]
# by chromclass | 2004-07-05 22:33 | | Comments(0)
交歓パーティ
a0009196_222945.jpg強い強いシュナプスを飲みながらアコーディオン演奏、ハーモニカ演奏などを披露し合いました。B氏とアコーディオンの先生は日本からのおみやげの法被を着ています。

Mさんの複音演奏が冴え渡ります。

6/18
[PR]
# by chromclass | 2004-07-05 22:31 | | Comments(0)
交歓パーティ
a0009196_222525.jpgパーティはシュナプスという強いお酒を造るレストランで行われます。

次々とメンバーが集まってきました。

6/18
[PR]
# by chromclass | 2004-07-05 22:26 | | Comments(0)
交歓パーティ
a0009196_222214.jpgチェコから帰って、Laakirchen音楽学校に立ち寄りました。今晩は楽しい交歓パーティが企画されています。

旧B氏の部屋を覗くと、今しもアコーディオンの練習の最中でした。

6/18
[PR]
# by chromclass | 2004-07-05 22:23 | | Comments(0)
チェスキークロムロフ
a0009196_94335.jpgそのお城です。渡り廊下的な部分からの眺めが素晴らしいです。

さて、帰りはモルダウ河にそって西に進み、南に帰りました。チェコ側の国境では、一人のパスポートを渡すとなにかチェックしている様子。多分、Japanってどこにある国だろうと調べていたのではないでしょうか。ここもスタンプなしで通過。しかし、オーストリアの国境では、何人かが入国スタンプを押してもらえました。私のはなぜか押されませんでした。

たった数時間の訪問ですが、今後チェコを再訪することがあるのだろうかってふと思いました。

6/18
[PR]
# by chromclass | 2004-07-05 09:44 | | Comments(0)