花かげ、哀しみ本線日本海
初めてのハーモニカ

「花かげ」をカラオケ伴奏で演奏はできるようになっていますが、ビブラートなしの棒吹きであるために、聞いていて耳が痛いです。なのでハンド・ビブラートをかける練習に時間の大半を使いました。最後の方でようやくビブラートがかかった演奏ができるようになってきました。

残り僅かの時間で、「北帰行」のメロディ譜を配り音出しをしました。

クロマチック・ハーモニカ

前回に引き続いてオクターブ奏法を練習しました。簡単な曲でやってみようということで「夕焼け小焼け」に挑戦しました。ハ長調ばかりでなく、スライド操作を伴ってもできなければいけないということで、半音階の音階練習をしてみました。

充分練習したので、次に「哀しみ本線日本海」のカラオケ譜の練習に入りました。16分音符がたくさん出てきますので、伴奏なしで譜面を正確に吹く練習をしました。カラオケ伴奏でも練習しましたが、伴奏に遅れて慌てる場面も。

これから取り組む曲について要望を聞いて、「Nearer my God to thee」と「Greensleeves」を候補として挙げることにしました。

[PR]
# by chromclass | 2018-03-20 01:22 | 草加教室 | Comments(0)
270
M. W.さんからの依頼。

9番D音が出ないとのこと。

調べてみると音は出ていますが1音下がってC音に聞こえます。リード交換が必要と判断して分解すると、すでに吸い音ばかり3本リード交換された痕があります。もうリード全体がへたってきているのかも知れません。

9番D音をリード交換して他のリードも調べると、あちこち音程が狂っています。必要なリードの微調律を行いました。

[PR]
# by chromclass | 2018-03-19 01:25 | 修理、改造 | Comments(0)
The Adler Trio & Judy's Harmonica Ensemble together on stage!

[PR]
# by chromclass | 2018-03-17 13:10 | 鑑賞 | Comments(0)
そんな夕子にほれました
「そんな夕子にほれました」をカラオケ伴奏でみんなで吹いてみましたが、速さに付いていけない様子。伴奏なしの二重奏に切り替え、メンバーを2グループに分け、1stと2ndのパートに分かれて二重奏を練習しました。パートを交替してまた二重奏。2ndでは16分音符がよく出てくるので、以前から課している速吹きパターンの重要性が再認識され、それぞれが繰り返し練習しました。

次に「Nearer my God to Thee」の二重奏の練習に入り、原曲のバイオリンの雰囲気を出すハンド・ビブラートの練習に励みました。コツが少しずつ分かってきたのが見て取れます。

[PR]
# by chromclass | 2018-03-16 00:00 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
Nearer, My God, to Thee
「Nearer, My God to Thee」の練習中。ハンド・ビブラートの効果を確認しながら二重奏の各パートを各自が練習。頃合いを見て、全員で1st、2ndに分かれて合奏、パートを交替して合奏。いよいよ、一人ずつでパートを担当しての二重奏。メンバーすべてで交代しながら全員の組み合わせが終わった頃に時間が迫ってきました。タブレットに入っている有名プレーヤーの音を聞き、喉のビブラートとハンドビブラートを同期させる方法を講釈。いくらでも研究課題があることを説明、追及してほしい旨、伝えました。

今回見学の人が一人。未経験者ですが食いつきがよく、4月から入ってくれそうな雰囲気でした。年度替わりでまた何人か入ってくれるとうれしいですね。

[PR]
# by chromclass | 2018-03-14 23:32 | 柏教室 | Comments(0)
第10回たかつホールDEコンサート
3月11日(日)13:30~ 高津市民館 大ホールにて掲題のコンサートが開催されました。出演グループは

洗足学園音楽大学 門倉ゼミコーラス隊 FLAVOR
ハーモニカ・デュオ・サッシー
SELF Ma’ika'i Ohana
法政大学 第二高等学校 吹奏楽部

最初のグループは音楽大学のコーラス帯。大学内外のコンサートやイベント、TV、CMなどに出演しているとか。
a0009196_23291712.jpg

デュオ・サッシーは13:55~、
25分間の演奏でした。

演奏曲目

・雨の御堂筋(クロマチック+バス)
・北の舟唄(コード、クロマチック+クロマチック)
・素敵なあなた(クロマチック、コード+コード、クロマチック)

お客さんはハーモニカ関係でないこともあって、演奏の合間に各種ハーモニカの説明を加え、サッシーの演奏中の演技もあって、お客さんの喜んでいる反応が舞台にまで伝わってきて、楽しく演奏できました。

a0009196_23595203.jpg


次のグループはハワイアンの演奏と踊り。後で写した写真をメンバーの方に提供すると、「いつも自分の写真が無いのよね。」と大変喜ばれました。同感です。




a0009196_00043153.jpg

最後のグループは高校の吹奏楽部に加えてコーラスもこなしました。振り返ってみれば、こんな若い人達と同じステージに立つというのは初めての経験でした。ブラスを演奏する人たちにクロマチック・ハーモニカを見せるととても興味深げに眺めていました。

a0009196_00085867.jpg
最後に全出演者合同で「ふるさと」を演奏しましたが、ブラス向きにBb調に編曲されています。コーラス隊は客席を取り囲むように立ち、残り全員が舞台上に乗るとこんな感じの混み具合。私たちはコードでメロディを吹きました。

帰りにガストでコーヒーを飲んでいると、客席にいた人が私たちを見つけ、声をかけてくれました。お孫さんが私たちの演奏と演技にとても喜んでくれたのだそうです。演奏冥利に尽きます。私たちの心もとても温かくなりました。

[PR]
# by chromclass | 2018-03-12 00:32 | 演奏会 | Comments(0)
つぐない、二人でお酒を
中級

「つぐない」を練習中。音が飛ぶ場合に、スタッカート気味に音を切ってしまう癖があるので、スラーの中で音を飛ぶ練習をしました。後、ビブラートのかけ方で、よりコントロールしやすい顎ビブラートを伝授し、実践してもらいました。音程を変えずに、強弱だけを変えるビブラートがかけやすいです。

NHCのミニ・コンで発表できるくらいの出来上がりなので、4月8日の総会に来ないかと誘いをかけ、入会も勧誘しました。よい感触です。

初級

「二人でお酒を」をみんなで練習。スイング感の出し方、アタック感の付け方を伝えて吹き方を改良。ノリが出てきました。二重奏になっているので、試しますが、生徒さん同士ではなかなかリズム感が合わないので、私が補助的に吹いて感じを出すことができました。目標は生徒だけの二重奏。

初心者の人が。2番ファ以下の音が出せないというので、コツを教えるとすぐ出せるようになり、本人がびっくりしていました。

帰りに帰り道のでお茶の水仲通りの並木の花がとてもきれいでした。
a0009196_16163587.jpg















a0009196_16180427.jpg


シュゼンジカンザクラ

[PR]
# by chromclass | 2018-03-06 16:19 | お茶の水教室 | Comments(0)
冬の夜、オクターブ奏法
初めてのハーモニカ

「冬の夜」の二重奏を練習して、二人で重奏を楽しめるようになりました。「みかんの花咲く丘」の6/8拍子の数え方が分からないと質問が出て、3/4拍子との違いなども説明して取り組むうち、最終的には分かってもらえました。

「はなかげ」のカラオケ用楽譜を配り、練習に入りました。カラオケ伴奏を流してメロディに親しんでもらってから、個別に練習してもらいました。

クロマチック・ハーモニカ

修理のテキストを配って、狂った音を見つける方策としてオクターブ奏法があることを紹介すると、みんな熱心に双方の練習を始めてしまい、これがまた簡単にいかなかったので、時間一杯を置くたーび双方の吹き方に費やしました。

帰りは雨の中、吉川温泉に寄ってきました。

[PR]
# by chromclass | 2018-03-05 23:28 | 草加教室 | Comments(0)
青春時代
「青春時代」の練習から入りました。大分b3個のCm調に慣れてきた様子。そこで、一人ずつソロでカラオケ伴奏に合わせて吹いてもらいました。少人数になってきたので、お互い励まし合いながら全員吹き終わりました。拍手。

次は「そんな夕子にほれました」を合奏譜で練習しました。カラオケ譜と違い、前奏、間奏、後奏と歌ではないメロディが出てくるので戸惑いがありました。次に2ndパートをの練習になると、休符が多く、オブリガートばかりなのでさらに混乱しています。継続練習が必要です。

最後に「Nearer my God to Thee」を配り、ハンド・ビブラートでバイオリン的な音色を出す練習をしました。

帰りに吉川温泉に浸かってのんびりしました。清算で、20回ごとにくれる無料入浴券をGet、ラッキー。

[PR]
# by chromclass | 2018-03-01 23:59 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
Nearer my God to thee
正月のBSの英語「タイタニック」、観たのは何回目かだったのですが、今回は船が沈むときに2人の楽団員がバイオリンを演奏するシーンと曲が心に染み込み、YouTubeで調べてみると曲名は「Nearer my God to thee」、最初は意味も分からなかったのですが邦題は「主よみもとに近づかん」、讃美歌320番だということでした。

早速二重奏の譜面に起こし、練習曲として使っています。

当教室で譜面を配布し、練習を始めました。簡単な曲なので初心者の方もみんなに交じって練習しました。

YouTubeの動画に合わせて1stや2ndをそれぞれ何回も練習した後、いよいよ全員で合奏です。パートを交換したり、いろんな人とペアを作って二重奏を演奏したりしました。

バイオリンに似た音色にするためにハンド・ビブラートの使い方も学んでもらいました。

次に前回から取り組んでいる「なごり雪」をカラオケ伴奏で数回演奏し、「そんな夕子にほれました」のカラオケ用楽譜を配って数回カラオケ伴奏で練習して本日の練習を終えました。

[PR]
# by chromclass | 2018-02-28 23:53 | 柏教室 | Comments(0)
KICG 8252 27.荒城の月(カラオケ)

[PR]
# by chromclass | 2018-02-24 21:23 | 鑑賞 | Comments(0)
つぐない、二人でお明けを
中級

「つぐない」を練習。表現力を高めるために、より大きな音量で吹いてもらい、その上でハンド・ビブラートや横隔膜ビブラートをかけるよう指導。ビブラートの基礎練習に戻ってビブラートの速さと拍の関係もよく考え、耳でかかり具合を確かめながら自然なビブラートになるよう訓練しました。

「竹田の子守歌」が好きだというので、その1曲に打ち込んでビブラートをきかせた吹き方をマスターすれば、後は他の曲にも応用が効くようになると頑張ってもらうことにしました。

初級

「二人でお明けを」をうまくスイングしながら吹く練習をしました。8分休符から始まるフレーズを吹く時の8分休符とペアを作る8分音符の見つけ方を白板で説明しました。休符を無視して音を発する傾向があって、休符も音符なんだという事を認識してもらいました。

次に引っ掛かったのが二拍三連符でした。攻略法を白板に書き、実践してもらいました。

カラオケ音源を頼りに全員で1stパートを演奏をした後、2ndパートの練習に入ったところで時間となりました。

[PR]
# by chromclass | 2018-02-20 23:15 | お茶の水教室 | Comments(0)
みかんの花咲く丘、青春時代
初めてのハーモニカ

「みかんの花咲く丘」のカラオケ伴奏が速すぎるとの意見が出たので、midi音源の速度を変えるアプリを使って丁度いい速さにして練習をしました。

その後、「冬の夜」の二重奏の練習に入りました。

一方、初心者の方達は「夕焼け小焼け」に取り組みました。その後「冬の夜」を試しましたが難しすぎました。次回、楽に吹ける曲を用意して来ることにしました。

クロマチック・ハーモニカ

「真夜中のカウボーイ」のフェイクをうまくできるようになりたいという要望が出たので、最初の数小節を中心にフェイクの練習をしました。速めの中フェイクの例です。今度はゆっくりした中フェイクの練習で「セレソローサ」のフェイクを練習しました。一朝一夕にはマスターできないですが、何とかコツを教えこみました。

次は「青春時代」を吹くための基礎練習として、Eb調の音階練習と速吹きパターンの練習を存分に実施しました。そして「青春時代」を初見で練習し始めました。カラオケ伴奏を流すととても速いテンポであることが認識でき、練習のテンポも上がってきました。

レッスン後、東京で合宿委員会の会議があるので、早々に引き上げました。


[PR]
# by chromclass | 2018-02-19 23:12 | 草加教室 | Comments(0)
青春時代
「青春時代」を練習する前段階として、b3個のEb調の音階練習と速吹き練習をみっちりと練習しました。

「青春時代」のカラオケ用楽譜の練習に入り、伴奏なしで各自練習した後、カラオケ伴奏での練習に入りました。かなり速いので、伴奏が聞きづらいとずれてしまいます。スピーカーにつないで大きな音にするとかなりうまく伴奏に追従できるようになりました。

次に前回練習した「京都の恋」をカラオケ伴奏で練習しました。

前に配った「明日はどこから」の楽譜が間違っていたので、訂正版の楽譜を配り、カラオケ伴奏で練習してみました。格段にリズムが難しいですね。時間となっやので、深入りはしませんでした。

[PR]
# by chromclass | 2018-02-15 23:32 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
なごり雪
「なごり雪」を練習。リズムを取るのが難しいところがたくさんあり、観察していると楽譜を適当に解釈して吹いている感じ。足打ちとアイウエオ・リズム攻略法を使って正確にリズムを捉えるよう修正していくと、少しずつ改良されていきました。

最近入会の二人は、初級Iを終え、初級IIに進み、まずC調の速吹きパターンの練習に入りました。まだ単音がきれいに出せていないので、速吹きパターンをゆっくりと、穴移動を正確にするところから取り組んでいます。かなり疲れるので、みんなの「なごり雪」を聞いたりしながら休みを取っています。

最後に「なごり雪」のカラオケ伴奏を大きく鳴らし、取り組んでいる人たちがそれに合わせて音を出しました。

[PR]
# by chromclass | 2018-02-15 00:11 | 柏教室 | Comments(0)
つぐない、京都の恋
中級

「つぐない」をカラオケ伴奏で練習しています。リズム的には合っていますが、ビブラートなしの棒吹きになっています。なので、ビブラートの練習に入りました。この曲の速さだと1拍で3回のビブラートがいいと思いますが、うまく3連符になりません。また、各拍にアクセントが付いてしまって自然なビブラートになりません。ビブラートの波がどんな形になると自然なビブラートに聞こえるのか一緒に考えこみました。

まあ、曲への適用前に存分にビブラートの基礎練習をしないといけないと思いますが、中々自主的に取り組むのは難しいようです。

初級

初級と言いながらGm調の「京都の恋」に取り組んでいます。スライド操作には十分慣れてきた様子。カラオケ伴奏で、みんなで渡れば怖くない状態ですが、3番までをソロ回しすると個人差が出てしまいます。何回もソロ回しを繰り返し、残った時間でスイング調の「二人でお酒を」に取り組み始めました。二重奏になっていますが、まだメロディだけの取り組みです。Am調なので、スイング感に慣れることに主眼を置いています。

ところで、初心者の方も「京都の恋」をみんなに交じって小さく吹いていました。少しずつ慣れてきた幹事があります。



[PR]
# by chromclass | 2018-02-06 23:27 | お茶の水教室 | Comments(0)
翼をください、哀しみ本線日本海
初めてのハーモニカ

「翼をください」を熱心に練習したらしく、16分音符のシンコペーションが随分上手になっていました。1拍3連符に難があり、是正しました。

その間に、初心者の方々が「荒城の月」に取り組んでいます。低音の音域からスタートすると音が出にくいというので、腹式呼吸と口の中の空間の広がり、舌の位置、吹き吸いする空気の速度等を説明して、大分よくなってきました。

次の曲として、「みかんの花咲く丘」を配りました。教室が始まったころに挑戦した曲でしたが、コンbン回は楽譜を貰って6/8拍子であることを把握すると、どんどん吹いていくことができました。読譜力については随分向上していると思います。

クロマチック・ハーモニカ

今回は「哀しみ本線日本海」に挑戦です。実はこの曲を知らない人もいました。カラオケ音源を聞かせたり、森昌子のYouTubeを聞かせたりして、まずは楽譜に取り組んでもらいました。そしてカラオケ伴奏で数回練習。次はソロ回し。3番まであるので、1男ずつソロで担当します。

この曲はとても歌える曲で、ハーモニカでもそれを表現してもらいたいです。次回はそれに挑戦しましょう。

帰りは吉川温泉。寒い日でもほっこり温まって帰りました。

[PR]
# by chromclass | 2018-02-05 23:56 | 草加教室 | Comments(0)
くちなしの花
「くちなしの花」の装飾練習に取り組みました。ビブラートのかけ方、かけ始めのタイミング、グリッサンドのスピード、フェイクのかけ方など、それぞれの装飾指示に関して、逐一取り組んでいきました。ビブラートがかかり始めた人たちの音が断続的に聞こえてきますが、実にいい音になっています。

試みにカラオケ伴奏と共に練習すると、残念ながら伴奏からずれまくりになりました。それを指摘して、手拍子も入れてやると、今度はタイミングがあってきました。大分意識しましたから乃声。最後は手拍子なしでカラオケ伴奏のみで練習しましたが、タイミングもぴったり。段々コツをつかんできたようです。

帰りは雨の中、吉川温泉に寄ってきました。これを書いている時間には、軽い雪になっています。

[PR]
# by chromclass | 2018-02-01 23:54 | さいたまアリーナ教室 | Comments(0)
翼をください、京都の恋
中級

「翼をください」がかなりの仕上がりに達していますが、16分音符のシンコペーションに難があり、カラオケ伴奏を使ったりしながら時間一杯克服に努力しました。

次回用に「つぐない」のカラオケ用楽譜を渡しました。

初級

「あの青い空のように」の二重奏を1stと2ndのパートを交替しながら二人ずつで練習を重ねました。

次のステップへ進むため「京都の恋」のカラオケ用楽譜を配り、Gm調なので初級を超えているのですが。まずb2つのBb調の音階練習から始めました。皆さん苦労しながら取り組んでいます。ンアンとかできたところでメロディに挑戦。リズム的にはそんなに大変ではないのですが、それでもシンコペーションの部分があり、こなせる人、苦労する人さまざまです。カラオケ伴奏は聴くだけで、まだそれに合わせて吹くまでには至りません。

一方、単音を出すのに苦労していた初心者は、少し良くなってきたので、「ふるさと」を吹く練習に移りました。まだまだ音は濁ります。ところが「京都の恋」の楽譜に取り組み始め、ちゃんとメロディが聞こえてきました。中音部を使うメロディなので吹きやすいのでしょう。これならみんなで一緒に練習できるとの他の人からの声も出ました。

次回が楽しみですね。

[PR]
# by chromclass | 2018-01-30 17:40 | お茶の水教室 | Comments(0)
くちなしの花
「くちなしの花」を引き続き装飾音やビブラート、フェイクを聞かせる練習として取り組んでいます。

初心者の方は、初級Iに取り組む人と初級IIに取り組む人に分かれています。初級Iでは
C調の調音階練習の後、練習曲をこなしてG調の音階練習と曲の練習。初級IIでは速吹きパターンをF調まで頑張り、二重奏に取り組みました。中級者が手助けをして、二重奏が響きました。

中級者の人達はそれぞれ次の練習曲に取り組み始めました。「なごり雪」が季節的にも丁度いい感じです。


[PR]
# by chromclass | 2018-01-24 23:05 | 柏教室 | Comments(0)